もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

浄土真宗の教え「平生業成」
「超訳 ブッダの言葉」という本の
目次には・・・・・

一  怒らない
二  比べない
三  求めない 
四  業(カルマ)を変える
五  友を選ぶ
六  幸せを知る
七  自分を知る
八  体を見つめる
九  自由になる
十  慈悲を習う
十一 悟る
十二 「死と向き合う」

分厚い本ですが、サラッと読めます
2500年前のブッダの教え

鎌倉時代初期の僧であり、90歳まで
生きた親鸞聖人の教えは漢字4字で
「平生業成(へいぜいごうじょう)」
浄土往生を説く浄土真宗

「平生」は・・生きている現在のこと
「業」は・・・人生の目的
「成」は・・・完成、達成する、こと

人生には「大事な目的」があり、現在
生きている今、目的を完成しなさい
という親鸞の言葉、この言葉は好き

信者ではないですが、いい言葉だな
と、思い、自分なりに考えています

浄土真宗では、妻帯以外にも肉食も
教義として禁じていなかった

親鸞聖人は2度結婚、最初の妻には
子供の記述がありません

2番目の妻が恵信尼、親鸞との間に
4男3女の7人の子

親鸞を家祖とする、大谷光尊(明如)
以降の浄土真宗本願寺

脈々とDNAを受け継ぎ、現代まで
続いているのでしょうね

徳川時代まで他宗派では僧侶の妻帯
禁止、それ以前の空海・最澄が独身
なのは当然のことでした

今はどの宗派でも妻帯、肉や魚を
食べ、お酒を飲んでもいいようです

だとすると仏教国のタイとはまるで
違っている、日本の場合は葬式仏教
だから

立派な僧侶もいれば、事件を起こし
逮捕されるお坊さんもたくさんいて

何がいいのか、何が良くないのか
修行とは・・・悟りとは・・難しい
問題ですね
90歳まで生きられた親鸞
親鸞は承安3年(1173年)に生まれ
90歳で入滅、長生きされました

850年近く前で、寿命は短かった
はず、江戸時代の将軍でさえも
寿命は短かったのに

一番、寿命の長い人が15代将軍
慶喜氏、77歳で亡くなり、初代
家康も75歳の長寿

7代の徳川家継は8歳、14代家茂
21歳で、家定35歳、他の将軍は
40代、50代、60代で亡くなった

親鸞の師・法然は京都で80歳で
入滅、長生きです

寿命の長さは、どんな決まりが?
本田美奈子さんのこと、テレビで
先日放映していた、35歳だった

もっと生きたい、という思いが
伝わり涙がこみ上げた

海老蔵さんの奥様も34歳でした
若かった、お子様のためにもっと
もっと生きたかったはずです

親鸞は、わずか9歳で出家得度の
ため、京都に向かいます

東山区にある天台宗寺院・青蓮院
(しょうれんいん)、座主の慈円を
訪ねた

到着までに時間がかかり、真夜中
だったそうです

到着時「明日の朝になったら得度の
式をしてあげましょう」と言われた

その時、9歳の彼が詠まれた和歌と
言う言い伝え

「明日ありと 思う心の仇桜 夜半に
嵐の 吹かぬものかは」

美しく咲いている桜を明日も見る
ことができるだろう、と安心して
いると・・・

夜半に強い風が吹いて散ってしまう
かもしれない

自分の命を桜の花にたとえ 「明日、
自分の命があるかどうか分からない

だからこそ、今を精一杯、大事に
生きていきたい」

私は今、得度式をしてほしいという
切なる願いをもっています、と
いう意味とか

心根に感嘆された慈円院主は、早速
その夜、得度出家の儀を行い僧名を
範宴(はんねん)と、名付けられた

巨大な楠に囲まれた青蓮院、「親鸞
得度の間」は現在もあるとか

内陣の左右には慈円と親鸞の絵姿が
掲げられているらしい、内陣とは
ご本尊が祀られている所

範宴(のちの親鸞聖人)の、得度から
高田本山の得度式は昼間、扉を閉じ
夜に執(と)り行われているようです

得度とは僧や尼になること、出家
とは家庭生活を捨て世俗的な執着を
離れ剃髪し、仏道の生活に入ること

親鸞は素晴らしい歌を読まれました
おっしゃる通りです、今日を精一杯
大事に生きようと思います

悪いことを考えていると、良くない
ことを引き寄せてしまうから

自殺希望者が多い現代、楽しいこと
頭に描いて、辛いことは乗り越えて
暮らしましょう、きっと開けます
リラちゃんが食べた、大丈夫かな?
台所のカウンターに置いていた辛口の鮭の
切り身、すぐにしまえばよかったのに・・・

最近、忘れっぽいので問題ですが、あれ?
なかったので、冷蔵庫にしまったのかな?
と、思って・・・

気づいたのは、だいぶ時間が経っていた
ご飯をあげても全然、口をつけない今日は
変ね、食欲がない、どこか具合でも悪い?

そう思っていた、台所に立つと・・・・・
あれ!レンジの近くが何か、汚れている
ハッと気づく

もしかして、リラが食べた?まさかだって
塩ジャケだから、塩っぱいのに、生だし
嘘でしょう

食べた残骸がテーブルの下にあった、あああ
ヤダヤダ、しまい忘れた私がドジでした!
猫だものね、生は平気よね

でも、昔からシャケは生で食べてはいけない
虫がわく、と、母がよく言っていたのです

でも塩漬けの切り身だし、もっと体によく
ない、悪いよ、どうしょう!

少し様子を見ることにした、朝のウンチは
いつも通りでした

ケロッとしている、塩分取りすぎよ、体に
悪いのに・・・

午前中、様子を見て、先生に電話入れた
変わらないことを伝えると、もう少し様子
見ましょう、と

これから、気を付けて下さい、味をしめて
また狙うかもしれませんよ

IMG_8124.jpg

リラの様子は、何も変わっていないのに
私の慌てぶりに先生、笑っていました

18歳と7ヶ月で、プードルのララが死んで
元気がなかった私が、まあまあ、猫ちゃんと
仲良くやっているなあ、と思ったようです

IMG_8724.jpg

気持ち良さそうに、うたうた、眠っている
リラちゃん

シャケを食べても、何も問題が起きなくて
良かったです

IMG_8715.jpg

安倍首相は独裁者?
私たちが「普通」と思っていることが
海外の人から見ると、理解しがたい
ことがあるらしい

アメリカ人に聞かれた「なんで、安倍
総理のポスター、至るところに貼って
あるの?」

選挙だからじゃないの?おかしい?
逆に驚く

なぜ、そんなに不思議なのか聞くと
「だって、国のリーダーの写真や

銅像を色々な場所に配置するのは
独裁国家でしょう、そうじゃない?

そう言われれば、そうですね
アメリカでは、大統領のポスターを
いたるところに、貼らないという

選挙中、支持する政治家の名前が
書かれたシールを車に貼ったり

プラカードを庭に立てたりはする
けど選挙が終われば、それもない

日本は、そのままにしているのを
よく見かけます

多く人はトランプ大統領を「独裁者」
のようだとアメリカ人は感じている
けど・・・

彼のポスターはどこにも貼られて
ない、そうなの?

アメリカ人の感覚ではデモクラシー
(民主主義)において、そういうこと
許されないらしい

日本人がこの件に関して「おかしい」
とか、疑問とか、考えませんね

アメリカの銃問題が私たちにとって
理解しがたいことであるのと、同じ

私たちが疑問にすら感じていないが
外国人の目には異様に映っているの
ですね

あまりにも当たり前で、気づかない
安倍首相の写真は、そういえば・・
貼られてました

なんで、選挙で圧勝したのか、理解
できないです

森友学園・加計学園は何も問題がない
と、開き直っている安倍夫妻

公人なら説明すべき、自分のお金では
ないのだから

小泉進次郎さんも、言ってました
党の中で相談もなしに進めているって
それじゃ、やはり独裁者ですよ

自民党の中でも、良くないことは良く
ないと、はっきり言う人がいないとね

小泉進次郎さん、頑張って下さい
元首相のお父さんが言っている、原発
廃止も進めて下さるといいのですが・・・
お世話になった先生が亡くなられた
慈恵医大病院で2回目と3回目の心臓手術を
して下さった新井教授はお元気でしょうか?

3回目の手術の時の、担当医だった先生が
亡くなられた、と言う知らせが届く

新年の挨拶を控えますと奥様からのハガキ
ショックでした、先生は68歳です

まだまだ働き盛りです、出会った時、先生
33歳、若くて生き生きしていた

先生の優しさに助けられ、頑張った記憶が
蘇ってくる

何年かしてあきる野市に開業、慈恵を離れ
お会いすることはなくなった

訪ねたい、と思っていましたたが、遠くて
行けずじまいでした、尋ねられた患者さん
いたそうです

年賀状は毎年、ご返事を頂く、個性ある
先生の字は優しさに溢れていた、35年前を
思い出し、感慨無量です

手術は新井逹太教授(当時)でそのグループの
一番若い先生、あきる野市に開業した先生
ではありませんが、慈恵医大病院小児心臓
外科で活躍されています

病院で、何年か前にお会いしたことがあり
顔を見て気づいて下さった

明日のことは誰にも分かりませんが、皮肉
にも、助けられた患者の私が生きている

体の調子は、イマイチの時もありますが
今日を精一杯、大事に過ごしたいと思う

亡くなられた先生はたくさんの患者さん
から、慕われていたでしょう

素晴らしい仕事をされ、患者さんに力を
与えられたと思います、お疲れ様でした
どうぞ安らかにお眠り下さい! 合掌