もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

猫の年齢と長生きしたトプードルララ
飼い始めて7ヶ月リラちゃんはもうすぐ
11ヶ月になります

人間で言うと18歳4ヶ月で20〜21歳に
なるそうです

2年経つと27歳、7年で55歳、8年で
60歳、9年で65歳、10年、70歳

そして、20年以上になると計算不能
化け猫期、と書いてありました

でも、最近は21歳、22歳や23歳とか
聞きますけどね、化け猫ですか?

化け猫でもいい、長生きしてほしいと
思っていますよ

それより私が生きていけるか、どうか
でも、下の11歳の孫がリラちゃん

大好きなので、私に何かあったら・・
お願いしています

それだけで安心、可愛がってもらえる
人がいるだけでね

今、11ヶ月のリラちゃんは18歳ぐらい
若くていいね

IMG_0395.jpg


1年で20〜21歳になって、2歳で27歳
3歳で33歳だそうです

成人期は  猫の年齢 x 6 + 15
中高年期は 猫の年齢 x 5 + 20
高齢期は  猫の年齢 x 4 + 30
老齢期は  猫の年齢 x 3 + 45

最近、多いですよね、高齢の猫ちゃん
22歳とか23歳だとか、聞いています
化け猫ですね

去年亡くなった、プードルのララは
18歳と7ヶ月で息を引き取った

自由が丘の「前川動物病院」の先生、曰く
「100歳ですよ」そう言われた、下の写真は
亡くなる1ヶ月前です

IMG_4563 のコピー2

亡くなる2日前のララちゃんは、寝ている
ことが多くなりました

IMG_5097.jpg

心配になりララの胸に耳を当てて、心臓の
鼓動を聞いたこともありました

まだ、大丈夫!生きている、その二日後の
5月10日に亡くなったのですが、一緒に
いるときは、楽しかったです

ペットロスで、元気がない様子だったので
猫を勧められた、その子がリラちゃん

猫のリラちゃんも、幸せでいてほしいと
思います、側にいる人を癒してくれるから

IMG_0441.jpg

江戸時代末期の猫好き浮世絵師
前にも一度歌川国芳の浮世絵のこと
書きましたが、彼の作品は斬新な
デザインのものばかりです

確実なデッサン力、奇想天外な構図
センスが光りすぎている、と思う

猫好きな彼は、いつもそばに数匹
時に十数匹の猫を飼い、懐に抱いて
描いていた、と言われている

体の模様が、リラちゃんによく似た
猫もいるのです

IMG_0411.jpg

左の肩の模様と、右の肩の模様がよく
似ている、アンバランスなところが・

Aoyama_Masaharu-Kitten_with_Bell-009741-08-19-2010-9741-x2000.jpg

内弟子によると、亡くなった猫は葬られ
家には猫の仏壇があり、死んだ猫の戒名を
書いた位牌が飾られていた、という

猫の過去帳まであったようです、弟子たち
相当、迷惑したらしい

しかし、それだけに猫の仕草の観察は鋭く
猫を擬人化した作品も多い

images.jpeg

猫の絵以外にも、躍動感あふれる多数の
浮世絵を残していますが作品を載せようと
しても載せられません

上の作品は、載せることができました
素晴らしい作品が、たくさんあります

明治時代を見ることなく、江戸の末期に
亡くなったようです

IMG_9910.jpg

学生時代はデザインの勉強をしていたので
絵を書いていましたが、今は描いてない
リラの絵でも書いてみようかな?
映画「スリー・ビルボード」観てきました
109シネマズ二子玉川で朝一番に始まる
「スリー・ビルボード」を観てきました

何度も、助演女優賞に初ノミネートされ
ーエン兄弟の「ファーゴ」でアカデミー
主演女優賞を初受賞しているし

アカデミー主演女優賞を取ったこともある
演技派女優フランシス・マクドーマンドと
ウィロビー署長役のウッディ・ハレルソン

いい映画でした、二人は勿論、脇役の
巡査・ディクソン役のサム・ロックウェル

この映画で、2017年にデングローブ賞助演
男優賞受賞に、全米映画俳優組合賞助演
男優賞受賞したという

役にぴったり、主役の二人の脇でいい味を
出していました

この映画も第74回(2017年)ヴェネチア国際
映画祭で映画賞

第75回(2017年)ゴールデン・グローブでは
脚本賞を受賞したそうです

20180209-00081243-roupeiro-000-17-view.jpg

「娘はレイプされて焼き殺された」「未だに
犯人が捕まらない」「どうして、ウィロビー
署長?」というメッセージを張り出す

スリー・ビルボードはこのことで、問題が
色々出てくる

アメリカでは、こういうことも起きるかな?
と、いう雰囲気はありますね

ディクソン巡査は上司であるウィロビー署長を
異常に慕っているが切れる性格、問題が噴出

しかし、膵臓癌を患い、自殺するウィロビーの
手紙から次第に改心する

フランシス・マクドーマンド、それに署長の
ウッディ・ハレルソン、周りを固めている

彼女の息子役も適役な感じ、他の人も全体がね
音楽も良かったし、全体の構成も素晴らしく
久しぶりに、いい映画に出会えました

マーティン・マクドナー監督、この映画は・・
「自分史上最も希望に満ちた映画」「私が作った
作品の中で、最も希望に満ちた映画だ」と
今日「スリー・ビルドード」を見てきます
この連休に観たい映画を2つ、セレクト
海外へ旅行に行けるほど元気はありません
映画ぐらい観て、楽しもうとチェック

二つが浮かび上がった、一つには「ロング・
ロングバケーション」2017年に制作
1月26日から公開中

そろそろ、人生の終着点を迎えようとして
いるアルツハイマーが進行中の、元教授の
ジョンと末期ガンに侵されている妻のエラ

ヘミングウェイが暮らした、キーウエスト
そこを目指し、旅に出た2人

ヘレン・ミレンとドナルド・サザーランド
魅力ある名優が共演している

人生50年を共に過ごした、70代の夫婦の
お話です

子供たちも巣立ち、夫婦水入らずの生活
過去への思いを馳せ、人生を謳歌する
姿を描いている

これまでの人生を振り返りながら自分達の
最期をどう迎えるべきかを考え南を目指す

第75回 ゴールデングローブ賞 (2018年)
受賞、同年代ですから、観たい映画です

もう一つは「スリー・ビルボード」 2018年
2月1日公開

2017年第74回ベネチア国際映画祭で脚本賞
同年のトロント国際映画祭で、観客賞を受賞

高い評価を獲得したドラマ、米ミズーリ州の
片田舎の町で、何者かに娘を殺された主婦の
ミルドレッド

娘の為に孤独に奮闘する母親ミルドレッドを
フランシス・マクドーマンドが熱演している
彼女は演技派で興味ある役者さん、好きです

ウッディ・ハレルソン、サム・ロックウェル
演技派が共演

観ていませんが「ヒットマンズ・レクイエム」
「セブン・サイコパス」のマーティン・マクドナー
監督がメガホンをとった

犯人を逮捕できない警察に業を煮やし、解決
しない事件への抗議のために町はずれに巨大な
広告看板を設置する

快く思わない警察や住民とミルドレッドの間に
埋まらない溝が生まれ、いさかいが絶えない

そして事態は思わぬ方向へと転がっていくよう
です、娘にチケット取ってもらい今日、観に
行く予定です

こういう映画が好きですが、どんな感じだろう
楽しみに見てきます
友達が元気で良かった!
先月、友達4人で会うはずが一人、風邪を
引いて来れなかった

2月になったら、元気になってるかも?
そろそろ、連絡を入れてみようかな?

すると・・・
携帯が繋がらない、何度かけてもダメで
もしかして!入院? 

病院は、携帯を使える場所が限られます
それでかな?心配になり自宅へかけたが
繋がらない

娘さんの家族と同居しているので誰かが
出るはずと思い込んでいた

留守電に入れたが、かかってこない
さては、入院でもした?

旦那さんも持病があるし、彼女も病気が
重くなった?そうだったら大変!

この歳になると、友達も亡くなってます
去年も高校の同級生が亡くなり、そして
彼女は偲ぶ会にも参加した

私は場所が遠かったので遠慮した、他の
友達も、亡くなっているので心配です

私は聖路加に20年、慈恵医大病院に30年
通って、病気の人をたくさん見ているし
亡くなった患者さんも、結構いるのです

なので、すぐに心配になります、友達は
三姉妹の一番上、一番下の妹さんに電話
入れてみた

風邪から肺炎になることはよくあります
高齢者は危ないですよ、私も去年、秋に
1週間入院

ひどかったわけではないですが、心臓の
持病があるの、娘が先生に頼み、入院
させて頂いたのです

妹さんに連絡して良かった!高校時代に
一番、親しくしていた友達ですから心配
でした

何かあったら大変!妹さんから、なんと
ハワイに行っている、という言葉が出た

それで、ホッとした、良かった、何でも
なくて、本当に安心した、良かったあ

前日に38度も熱があったのに出かけた?
まあまあ

ホッとしてがっくりしてぐったり、逆に
安心したせいで、どっと疲れが出た

元気なら、良かった良かった!私の娘は
旅行じゃないの?とは、言ったが・・・

何しろ心配でね、夫婦で旅行なら娘さん
自宅にいるはずだしね

今日、帰ってくるはず、と言っていた
翌日、電話があり、本当に良かったわあ

出発する当日は、出発便は夕方なので
薬で熱が下がり行くことができた、と

だいぶ前から、予約していたのでしょう
娘さん二人とその家族、総勢家族8人が
一緒に出かけたそうだ

みんなの時間が合うのが、この時だけ
だった、と言っていた

確かに今の子供たちは忙しく揃う時が
ないのは、よく分かります

部活で時間が取られ、本当に難しいです
みんなで楽しめて良かったね

元気で旅行ができた、彼女もそう言って
いた、あの時、行けば良かった!なんて
ことにならないように・・・

高齢者は動けるうちに、何処にでも行く
べきですね、良かった良かった

私もホッとしました、今月末ぐらいに
会おうと、約束、元気が一番です!