FC2ブログ
もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

江戸美学研究会、歌舞伎観劇
江戸美学研究会の企画で10月歌舞伎
(新橋演舞場)夜の部、観劇

演舞場の近くで歌舞伎に詳しい方の
説明を1時間、聞き演舞場に向った

曽我綉侠御所染 16:00-17:45
(そがもようたてしのごしょぞめ)
御所五郎蔵(ごしょのごろぞう)二幕  

浅間家の忠臣だった御所五郎蔵は
星影土右衛門に腰元皐月(さつき)との
不義を密告され、今は侠客の身

侠客とは弱気を助け、強気をくじく
男の中の男

五郎蔵が土右衛門と鉢合わせして
喧嘩になるが、甲屋与五郎が収める
ここも七五調の台詞で見せ場

旧主(浅間家)のため金策に奔走する
五郎蔵を思い、皐月は土右衛門から
200両借りて意に従う

手を切る(別れる)と言う意味に
とった五郎蔵、皐月の真意も知らず

土右衛門から借りた!ことで逆上
皐月を殺そうとするが、間違って
花魁(おいらん)の逢洲を殺します

浅間の殿様が思いを寄せる人、さあ
大変なことになりました

今回は「五郎蔵内腹切」まで上演
皐月と五郎蔵も、命を落とす

切腹の場面は見せ場だけど長過ぎた
ダラついたものね

腹を切った二人が尺八と胡弓を合奏
というのは、無理がある

さらりと1時間くらいに、まとめて
しほしかったけど・

幕間です、休憩40分で研究会が用意
して下さったお弁当を頂く

友達も5人参加、亀戸の升本のお弁当
評判は良かったですよ

休憩時間の後は歌舞伎十八番勧進帳は
18:25-19:35まで

安宅の関で富樫左衛門の詮議を受ける
有名な場面です

弁慶を問いただす山伏問答や舞、飛び
六法で、花道への引っ込み。弁慶の
見所が多い

弁慶を古希を迎えた幸四郎さんは息も
絶え絶えだったと思いますよ

染五郎さんの代役は、源義経を坂田
藤十郎さん、御所染の五郎蔵役は中村
梅玉さん

友達はいい経験が出来た!と感激して
楽しんでくれて、ホッとした

さあ、帰ろう!、肌寒くなってきた
風にあたりながら、東銀座の駅へ向う
家では、愛犬ララが待っている
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/949-525a01f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)