FC2ブログ
もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

ips細胞研究所(京大)の快挙!
嬉しいニュースが目に入った!
京都大学ips細胞研究所
(山中伸弥所長)の研究チームは

全身が思うように動かなくなる
不治の病

ALS(筋萎縮性側索硬化症)の原因の
一端を、ips細胞を使い解明した!
と、いう記事

ALSとは全身の筋肉が徐々に衰える
病気だそうです

医療の進歩で救われた身です
医療記事が目につくのです

病気が完治した患者さんが増える
ことを、いつも願っている

神経細胞の一部に構造上の異常
を発見!

治療につながる薬の候補物質も
突き止めた

治療薬の実現には10年!と
研究のカギは人材と資金確保も
不可欠です

どうしようもなかった難病克服の
道がips研究によって切り開かれた

成果は8月2日に米科学誌に掲載
されるそうです

こういう記事を見るたびに、心躍る
iPS細胞とは・山中教授が名付け親

i(induced)は「人工的に誘導した」
P(pluripotent)は「多能性」
S(stem cell)は「幹細胞」の意味

体を構成する様々な細胞に成長(分化)
する能力のあるips細胞を、世界で
初めて作製に成功!

心臓や神経、肝臓、網膜などの
組織、臓器に分化するips細胞

病気やけがで失った組織や臓器を
補う再生医療

ますます救われる人々が増える
ありがたい研究です!

病気の原因解明、副作用の判定
新薬の開発に、役立ちます

最近になって、水を差すような
研究結果が、出はじめている

Nature誌に掲載された論文に
自分自身の細胞から作った

iPS細胞を自分自身に移植
(自家移植)しても拒絶されない

はずだったが、間違いだった!と
いうような記事

その通りなら再生医療の根幹を
揺るがします

不治の病、ALSの原因の一端を
ips細胞を使い解明したのだから

Nature誌を跳ね返す研究が
山中氏らによって、これからも
なされますよ、きっと!
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/886-4eb7460c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)