FC2ブログ
もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

毎日書道展とディナー
日比谷線の六本木の駅を降り
ミッドタウン方向へ

分かりにくい出口に向かい
国立新美術館まで、テクテク
結構、距離がありました

出口近くで、一人からメール
カフェで待っています!

地上に出ると、ギラギラ照り
つける日差しに目がくらむ

書の仲間、六人で集合!
七人いるのですが、一人は仕事

先生の師、宇野雪村の特別展
1950年代、昭和中期にこの新しさ!

保守と革新がぶつかった時代
凄さがありますねえ

日展連続特選、42歳で審査員に!
革新派のエリートコースを歩んでいた

前衛書家、上田桑鳩が日展を脱退
1年後、苦渋の選択で離脱した雪村

戦後、活躍していた前衛書家です
ローマ字の題名、なんと読むの?

分かる?これは分かる!そう読むの?
文字の痕跡がある書もあり、読めない
書もあったが、楽しく拝見させて頂く

書の会の六人は、春と秋、二回
六回コースで指導を受けている

前衛的、自由に書かせてくれる
先生と、楽しい時間です

今年の春はお休みだったので
寂しいね!って、みんな言う

何故って?
先生、胃ガンの手術をなさり
お元気になられたのですが

忙しすぎて、身体がきついとか
大事にして頂かないと、稽古は
長く続けたい仲間たちです

展覧会のあとは、気持ちを
切り替え、お楽しみディナー会!

場所を移動、ベルコモンズの近く
イタリアンレストランHONNDAへ

オーナーシェフは西麻布の
アルポルトで副料理長をしていた

前菜からデザートまで、すべて
一人一人、好きなお料理を選ぶ

予約を取った時に選択しておく
テーブルにつくとウェイターが
名前を確認して、料理を運ぶ

彼の役割は重要、その店の
レベルを量るバロメーターに

一人一人、何を選んだかは
その時、運ばれて来て分かる

あなたはそれにしたの?
ふ~ん、それも美味しそうね!

行き届いたサービス、25席のみ
落ち着いた大人の空間でした
美味しかったです!
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/670-18f48d54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)