FC2ブログ
もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

福永武彦
アマゾンで本を探していて、福永武彦の本が
目にとまる、読んでみようかな?ネットで注文!
2日後に届く!

「愛の試み」と「忘却の河」と「告別」3冊を買った!
この本は読んだことがなかった、興味が湧く

著者は幼い時、母親の元を離れ父に預けられる
母親との約束を守り、キリスト教伝道師である
父は、中学時代まで教会に連れて出席した

のちに教会から遠ざかるが、死の2年前に
クリスチャンになり、病床洗礼を受けたようです

死ぬまでの2年間は教会に通い、聖書を読んだ
1979年61歳没、まだ若かったですね

人間の心理を奥深く探る、長編小説を発表し
続ける、まず愛の試みを読もう!

愛と孤独についてのエッセイ、高校生でも読んで
いるらしい!なのに・・読んでいない!

愛が生まれ終わっていく、その過程で、人間が
生まれながら持つ、孤独を見つめる

人は孤独のうちに生れ、孤独のうちに死ぬ
人間は常に孤独である

それは、人間の弱さでもなんでもないと、言う
寂しい、孤独だ!とか思う時

人間は常に孤独!そうかあ、悟っていれば
楽ですね、吸い込まれていく

人は成長すると、魂の中にある孤独を感じ
自分とは異なる魂によって、埋めたいと思い

孤独な二つの魂が出会い、愛が生まれる
人との出会いも、こういう言葉になるのね!

飾らない言葉に、誠実な文章、今、出会えて
良かった!新鮮な気分、おっしゃる通りです
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/513-d04f88d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)