FC2ブログ
もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

カテーテル
立命館大学の教授たち、極細の鉗子を持つ
カテーテルを開発!

こういう記事を見ると、4回も心臓カテーテル
受けている自分はつくづく有り難い!心から思う

カテーテルだって、色々な種類があって
役目が様々です

患部への血流を防ぎ、コイルを血管内に置く
血管を広げステントを入れ、動脈瘤の治療に

先の曲がったカテーテルで、引っ掛け回収
熟練を要する仕事です

直径0.5ミリの、金属製の棒2本でできた鉗子
血管内に入れた器具の回収が、容易になって

時間が短縮できる、患者も医師も負担を
軽減できる!なんていい

通常30~60分掛かるが5分~10分になるとか
これから、動物実験が始まるらしい

人間のために、犠牲になるんだなあ

一般的なカテーテルは、腕や大腿の
動脈から、管を入れて心臓まで

心臓の働きや、病気の重症度を診断
アブレーションとは取り除く、切除する
という意味で

カテーテルの先から、高周波電流を
流して、生体組織を焼き切る

心房細動で苦しみ、心臓の癒着が分り
5時間掛けて受けました

今、元気に生きて、いや、生かされて
研究者と先生に感謝!動物たちにも!
医学の進歩にも!ありがとう!
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/400-69b4b8b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)