FC2ブログ
もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

映画ラストゲーム
早稲田大学の先生の、お勧めで見て来た
亡くなった弟も、早稲田で教えていたので
生きていたら見たかな?

太平洋戦争が激化した1943年、野球は
敵国のスポーツ、六大学野球活動停止

バットを捨て、戦場へかり出される野球部員
生きた証しを残してやりたいと、慶応大の
小泉信三塾長

学徒出陣の日は迫る!戦地に赴けば生きて
故郷や学舎の土を踏むことは叶わない

せめて最後に試合ができるならと、早稲田
野球部顧問の、飛田氏に試合を申し込む

文部省からの通達で、対外試合の実施は
総長に任されていた

軍部や文部省の弾圧、応諾出来ない総長
飛田氏は猛反対の中を強行突破!

試合当日の、10月16日になっても許可なし
家族と最後の別れをと、選手たちを故郷に

一旦、返して呼び戻したが練習不足
慶大はエースが故障、10-1で早大が勝利

両校は勝敗を度外視、思う存分野球を楽しんだ
応援に詰めかけた学生も両校から校歌、応援歌

ありがとう戦場で会おう!の声が交わされて
慶大生が、都の西北を早大生が、若き血を歌う

その後どこからともなく海行かば、の歌声
球場全体に鳴り響き、みんなが一つに

早稲田、慶応に関係のない者も目頭が熱く
早大野球部は、この日戸塚グラウンドを整備
綺麗に磨き上げ迎えた

慶大もこれに応えて、塾長、座布団代わりの
新聞紙をポケットに学生たちも紙くず一つ
残さず清掃し球場を後に

5日後の10月21日雨の中、神宮外苑競技場
では学徒出陣壮行式典

本当の映像が写し出され、その時代の
厳しい雰囲気が伝わった

多くの学生たちが出征、両校の野球部員も戦死
1945年8月15日終戦!日本の野球の復活は
その年の10月28日、明治神宮野球場での早慶戦

役者さんはみんな適材適所、良かった!
さわやかな青年たち、青春を真っすぐに描く

鬼束ちひろさんの主題歌、蛍
蛍この星を舞い上がれ、遠く近く照らして踊れ
その一瞬が永遠だと、貴方は教えてくれたひと

映画の最後に流れた、感動的でしたね
愛と命!力強い声が心に響き、聞き入って

いつもならサッサと出口に向うのだが
すぐには立てませでした、しんみりとゆっくり!
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/371-c6cf8d88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)