FC2ブログ
もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

長寿世界一になった田中力子(たなか かね)さん
日本人の寿命は世界一、すごいですね
1903年(明治36年)1月2日生まれで
116歳

福岡県にお住いの田中カ子(かね)さん
です、日本一、そして長寿世界一

どういう生きかたなんでしょう、若く
して、亡くなる人もいるというのに・・

昨日の朝早い、ニュースで知りました
死ぬ気がしないそうです、それも凄い

日本人では、世界最高齢者であった都
(みやこ)千代さんが2018年7月22日に
死去して以来です

かねさんはボケてないのです、オセロ
ゲームを毎日しているそうです

50代や60代で、痴呆になる人もいる
どういう違いがあるのでしょう

5月19日の時点では、世界の最高齢は
イタリアのヴェルバーニアに住むエマ・
モラノさん

116歳のモラノさんは何十年にも渡り
1日2個の生卵を食べていたそうです

若かった頃に、貧血対策のために医師
から、勧められて始めたそうです

私も貧血で鉄分を処方いて頂いてます
では、生卵を食べましょうか?

1日2個も生卵を飲めませんから、1個
から始めようかな?孫が成人するまで
生きていたいですからねえ

モラノさん、いつも朝食は牛乳とビス
ケットで、昼食にはゆで卵とセモリナ
(パスタ)

生卵2個は、いつ食べるのだろうか?
食べ過ぎでは?人には、決められた
寿命があるのかもしれません

スウェーデンのフルフジェーレット
山脈にあるオウシュウトウヒ(マツ科
針葉樹)

「Old Tjikko」(オールド ティッコ)と
名付けられた

db346434.jpg

この木は推定樹齢9550年だそうです
寿命が、どうして分かったのだろう?

一本の幹からなる木としては世界最古
600年ほどの寿命がある茎は、死滅と
共に新しい茎が出てくるという

氷河がスカンジナビアから消えて間も
なく、森林が生育しにくいツンドラ
気候を低木のまま乗り越えたそうです

過去100年の間に今の大きさまで成長
したと言われています

高さは約5m、がっしりとした太い木
ではなく、簡単に折れてしまいそうな
細さとか

「ティッコ」の下にあった木片と「ティ
ッコ」のつながりは、はっきりとは
まだ、証明されていないらしい

そばにあったというだけで、それと
つながっていたかが、分からないと
いう

素人が見た限りでは何も分からない
なぜ、この木だけが残ったのだろう?

日本最大の針葉樹、屋久島の縄文杉
屋久島で最も高い山の北面の原始林
の深い霧に包まれて成長

樹齢7000年と推測された、その後の
調査で、古木の周囲を3本程度の若い
木が融合して包み込んでいる合体木?

という可能性が浮上、外側の若い木の
部分の年代測定では樹齢約2700年と
判定されたが・・・

芯部の古木はまだ、調査されていない
縄文杉は合体木でない、という研究も
あり、正確な樹齢は分かっていない

世界のあちこちで、古木が見つかって
いるらしい

樹木も人間も、地球上のものは、まだ
分からないことだらけですが、みんな
地球以外の宇宙に、行きたがりますね
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/3416-3d14f2c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)