FC2ブログ
もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

「死体の晩餐」
2005年に出版されたヘルムート・F・
カプラン氏が書かれた「死体の晩餐」

IMG_9586.jpg

ドイツ語圏内での動物の権利運動ですが
大変、大きな影響を与えたベストセラー

「どうして、動物を殺してはいけないの?」
何も知らない子どもに、そう聞かれたら
あなたは何と答えますか?

そう、表紙に書いてあります、カプラン・
ヘルムート・Fは哲学者で作家、1952年
生まれ、動物の権利運動の先駆者の一人

彼の著作の数々は、動物の権利についての
思想をドイツ語圏の人々に紹介することに
大いに貢献したようです

多くの記事を雑誌に寄せた、動物の権利に
関してのデリケートな疑問や、問題が以前
より、取り上げられるようになったと言う

もう出版して、14年も経っているのですね
スーパーに行って、今日は、魚、肉どっち
に、しようか?

たまには食べないと・・・・・
なんて考えている自分がいる、食べる量も
少ないのですが・・・

まだ、ヴィーガンになりきれない自分が
いる、菜食主義には、程遠いです

人間の都合で、食料として次々、出産させ
られ、子供を奪われる豚や牛や鳥たちや
魚たちに、人間は残酷です

今年はサンマの漁獲量が少ない、痩せてる
なんて言っているが、世界の人々が食べ
続ければ、やがてはいなくなるでしょう

豊かになればなるほど贅沢で、わがままな
人間が増え、親を殺したり、子供を殺す親
たち

子供を産んで、酔っ払って、車に置き忘れ
死んでしまった赤ちゃんの事件を報道

頭にきた!なんて、高速で車の幅寄せをし
相手が死んでしまうのも我儘な人間だから

ますます、ひどい世の中になっていますね
これは肉食の結果でしょうか?

現代の食肉文化が、どれほど、不自然か
肉食を止め、その飼料を作るための土地で
人間用の穀物を育てれば・・・

その同じ土地で、10倍もの人間を養うこと
出来るという

どうしても食べたいエゴのある人は、害に
気づかないふりをして議論にも耳を貸さず
死肉をむさぼり続けるのです・・age 138

著者は言う、健康によかろうと悪かろうと
私たちは、動物のため正義のために菜食
主義を続けています・・・page 133

菜食の方が健康にも良いのにどうして肉を
食べるのでしょう

地球を破壊して、たくさんの命を踏みつけ
苦しめて、自分も不健康になって、でも
肉を食べたい

著者の夢は、奴隷制度が廃止されたように
女性蔑視が見直されたように・・・

種差別、人間と人間以外の動物たちとの
間の差別も、いつかなくなる日がくること

種差別も奴隷制度や女性蔑視と同じく本来
あってはならぬものだから、と言う
反省しきりです

時間がちょこっとある時や、夜中に目が
冴えたり、時間がちょこっとある時、猫の
本とか、歴史ものだったり

読みたいものをその時、その時に合わせて
読んでいる
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/3373-9be0ec3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)