FC2ブログ
もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

ケロッグは今も世界の人々に愛されて・・・
先日、スーパーで久しぶりにケロッグを
買いました、何年振りでしょうか?
10年位、食べていなかったように思う

娘と買い物に行き、孫がよく食べている
と、聞いて、食べてみたくなりました

ミルクを買ったけど、飲むことを忘れて
いたので、そうだ!ミルクもあるし・・

前に聞いた覚えがあります、ケロッグは
兄弟で始めたのですよね

1860年の日本は幕末(万延元年)、この年
4月7日にはウィル・キース・ケロッグが
誕生したのです

日本とアメリカでは随分、環境が違うね
日本はまだ、ちょんまげの時代だから

ジョン・ハーヴェイ・ケロッグという
お医者さまが、コーンフレークを作った

発明者と会社の創始者が別です、一体
どんな経緯があるんだろう

実は兄のジョンはお医者さま、患者の
病人食として小麦粉を練り、薄く伸ば
したパンを作っていた

ある時、小麦が放置され乾燥していた
そのまま捨てる気になれなかったジョン

乾燥した小麦をそのまま、引き伸ばして
患者に出してみたら、とても好評だった

そこで「穀物を、そのまま引き伸ばした
食品」の研究を始めたそうです

結果、コーンが最適ということが分かり
コーンフレークが完成した

1906年、ウィル(弟)とコーンフレークの
製造を事業化したものの、「味の改良の
ため、砂糖を添加するか」で兄弟は分裂

ジョンは菜食主義者であり、厳格な禁欲
主義者、「砂糖が欲を増大させる」と考え
砂糖の添加に反対だった

ウィルが全く譲らなかったので、事業を
弟に任せてジョンは手を引いたそうです

ウィルは1922年、同社をケロッグ社と
改名、それ以来、アメリカのみならず
世界の朝食を変えていった

コーンフレーク起業後に対立して兄弟は
分裂し、ウィルはケロッグ社の創始者に
なる、そんな歴史があるのです

お兄さん、努力したのに兄弟仲良くとは
いかないのは寂しいですね

年のせいか昨日、お腹の調子良くなくて
つらい思いをしたけれど・・・

夕食を抜いてお腹を休めました、今朝は
大丈夫、さっ、先日、買ったケロッグを
朝食にしようかな?

ああ、オーガニックと書いてあったので
それ以外は、何も読まなかったのは失敗

砂糖がまぶしてあり、甘くて甘くて食べ
られない、甘すぎますよ、一口、二口で
やめました

やっぱり、好みで調節できないのは困る
甘みを添加することで、砂糖でもめた
ウィルが始めたケロッグ社

仕方がないかな?孫もダイエット中だから
きっと食べてくれないし、どうしよう?

側で食事の終わったリラちゃんが、ミャ〜
何が言いたいのかなあ、いつもの格好で
寝転んでいます

IMG_9241.jpg

顔の部分をアップしてみました、満腹に
なると、眠る幸せなリラちゃんです

IMG_9242.jpg

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/3359-82e5d0e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)