FC2ブログ
もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

第二次世界大戦、終戦から74年も経っても・・・・
1858年(安政5年)カション、日仏通商条約締結
全権公使グロ男爵の通訳官に任命され、日本に
やって来た

ウジェーヌ・エマニュエル・メルメ・カション
Eugène-Emmanuel Mermet-Cachon 
(生まれ 1828年9月10日-1889年3月14日 没)

幕末に来日したフランス人の神父です、日本語に
堪能で、通訳以上の働きをしていたとも言われて
います

カションは、1866年出版された「佛英和辞典」の
編纂に12年の歳月をかけたようです

この時代に、日本に来た人たちの努力で基礎が
出来上がったのですね

末の弟も、40代の若さで早稲田の仏文の教授に
なりましたが、47歳の時に母と同じ肝臓で亡く
なった

肝臓移植もフランスでしましたが、長くは生き
られなかった、25年ほど前のことです

これから、という時だったので本人も悔しかった
と思います

もっと生きたかっただろうに・・・と時々、思い
出す、若い頃から病院通いの私がまだ生きている
のが不思議です

明日のことは分からない、今を楽しく生きること
そう思っています

カションの活躍の記事を読んで、弟を思い出しま
した、今なら、もう少し、長く生きられたと思う
と、とても残念です

最近は、母のことや父のことを、よく考えている
自分がいる、戦後を必死で生きて来た人たちです

父も女性のことなどいろいろありましたが一時期
子供4人、私立に入っていた時が、ありますから
よく頑張ったのですね

終戦の1年前に生まれているので、戦争の実感は
分からないけど、資源のない日本が、よくもまあ
戦争を仕掛けたものだと、呆れますが・・・

どれだけの人が、苦しみながら死んでいったか
今の政治家も考えてほしいものです

終戦から74年も経っても世界のあちこちで戦争
している、苦しんでいる人々がいる、悲しみを
覚えます
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/3351-cf90fdd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)