FC2ブログ
もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

生命の源、アミノ酸とは?
食品を買うと、原材料の中に必ずアミノ酸と
書いてあり、それって味の素?

アミノ酸の発見はアスパラガスから、と言う
1806年フランスで、アスパラガスの芽から
アミノ酸が発見された

アスパラギンと名づけたそうです、それ以降
尿結石からシステイン、ゼラチンからグリシン
筋肉や羊毛からロイシンが見つかる

1866年、ドイツの科学者・リットハウゼンが
小麦の蛋白質からグルテンから取り出した
そして、グルタミン酸と名づけた

1908年、日本の池田博士は、グルタミン酸は
昆布のうま味成分であることを発見

1935年までに蛋白質を構成するアミノ酸が
すべて発見されたのです

アミノ酸が、おいしさのヒミツを握る成分だ
ということが分かり、日本でも研究が盛んに
勧められるようになった

戦後、母の時代には、味の素を当然のように
何にでも振っていたけど

その時代の味の素は一体、材料は何だった?
一番よく使っていた時期は石油由来だった?

現在は、さとうきび等の天然の植物を原料で
製造しているようです

今の製品は、安全性も確認されているという
そうじゃないと、使えませんね

昔のイメージがあるから、今は使わないです
昆布ダシで充分、美味しいです

昔は庶民的な中華屋さんは必ずと言っていい
ぐらい、使ってましたね、今はどうかしら?

体を構成している蛋白質を作り上げている
最小の単位が「アミノ酸」です

生命を生み出すアミノ酸は体の重要な組織を
作っています

体は約60%が水分、約20%が蛋白質、筋肉、
消化管、内臓、血中のヘモグロビン、髪や
皮膚はコラーゲン

肉、魚、穀物など蛋白質を摂ると、20種類の
アミノ酸に分解される

どの蛋白質でも食べた後、そのまま体内に吸収
されるわけではありません

蛋白質のままでは分子が大きくて、細かく分解
する必要があるのです

お腹のなかでバラバラに分解されて、これ以上
バラバラにできないくらいになると再び必要な
蛋白質に組み換えられると言う

5億年前の三葉虫の化石から、アラニンという
アミノ酸が検出され

1969年オーストラリアのマーチソンに、落下
した隕石に、微量のグリシン、アラニン、グル
タミン酸、ベーターアラニンが、確認された

隕石の中から生命の源の、アミノ酸が見つかり
化石や隕石から、生命の起源の謎を解く研究が
続けられているそうです
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/3341-f1de48fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)