FC2ブログ
もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

忘れな草といえば・・・
日本ムラサキの花を、図鑑で見ていて
「忘れな草」も好きな花だと思い眺めて
いたら、歌が口から出てしまった

朝早く声を出して歌っていると主人が
「さっき歌ってたな」、なんて言って
ました、ついつい、声が出てしまって

なぜ歌うかというと最近、声がうまく
出ないです、自分の声ではない感じ

これも心臓手術での後遺症、反回神経
マヒ、半分声帯が動いてないから先生
から声を出すようにと、言われていた

忘れな草はヨーロッパ原産で北半球の
温帯から亜寒帯(ユーラシア・アフリカ
大陸・オセアニア)に約50種が分布

139763079705091709228.jpg

白い花もあり、明治時代に園芸業者が
輸入したのが最初と言われています

それ以来、日本では野生化して各地に
(北海道・本州・四国)分布している

素敵な花、野草なので日本ムラサキ
とも、似ています

昔、騎士ルドルフはドナウ川の岸辺に
咲くこの花を、恋人ベルタのために
摘もうとして誤って川に落ちてしまう

ルドルフは、最後の力を振り絞り花を
岸に投げ、「僕を忘れないで」と言葉を
残した

残されたベルタは、ルドルフの墓に
その花を供えて、彼の最期の言葉を
花の名前にしたという伝説がある

花の名はドイツで「Vergissmeinnicht 」
英名は「forget-me-not」

日本で、は1905年(明治38年)に植物
学者の川上滝弥が「勿忘草」「忘れな草」
と、訳されたそうです

昭和生まれの私は「忘れな草」といえば
倍賞千恵子さんの歌を思い出す

綺麗な曲です、「忘れな草をあなたに」  
作詞:木下竜太郎 作曲:江口浩司

1 別れても 別れても 心の奥に
  いつまでも いつまでも
  憶えておいて ほしいから
  幸せ祈る 言葉にかえて
  忘れな草を あなたに
  あなたに

2 いつの世も いつの世も 別れる人と
  会う人の 会う人の
  定めは常に あるものを
  ただ泣きぬれて 浜辺に摘んだ
  忘れな草を あなたに
  あなたに

3 喜びの 喜びの 涙にくれて
  抱き合う 抱き合う
  その日がいつか 来るように
  二人の愛の 思い出そえて
  忘れな草を あなたに
  あなたに

1963年に女声コーラス・グループの
ヴォーチェ・アンジェリカが最初に
シングルをリリースした楽曲ですが

1971年に、倍賞千恵子さんと菅原
洋一さんのシングルがそれぞれヒット

叙情歌として、広く知られるように
なった

菅原洋一さんは、1971年の第22回
NHK紅白歌合戦で、この曲を歌った
懐かしい、昭和の歌を思い出します
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/3328-3d6c4ba9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)