FC2ブログ
もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

可憐な花「都忘れ」は今盛り
だいぶ前に都忘れを植えていました
今、ある鉢はハーブばかりです

miyakowasure02.jpg

久しぶりにを植えたい気分、可憐な
この花は大好きです

花の色もピンクに近いものや、白も
ありますが、この色が素敵です

002000000833_1_thumb.jpg

江戸時代から庭の下草やお茶の席に
飾られる花として、品種もいくつか
作り出されています

今日は風も爽やかないい天気で散歩
するには最高、お花屋さんを覗こう
かなあ?

道端に生えている雑草の花が好きで
散歩がてらに、よくケイタイで写す
けれど、都忘れは見かけませんね

この名前に由来があるのを、ご存知
ですか?

「承久(じょうきゅう)の乱」とは鎌倉
時代の承久3年(1221年)のことです

後鳥羽上皇が、鎌倉幕府執権の北条
義時に対し、討伐の兵を挙げ敗れた

首謀者である後鳥羽上皇は隠岐の島へ
順徳上皇(後鳥羽天皇の第3皇子)は
佐渡島へ

「この花を見て今日からは都のことが
忘れられる」と言われたそうです

後鳥羽天皇の第一皇子・土御門上皇
(鎌倉時代の第83代天皇)は何も関与
せず、処罰の対象にはならなかった

父が遠流であるのに自分が京にいる
のは忍びないと自ら申し出て土佐へ

上皇でも天皇でもないけれど、花を
愛でる気持ちは同じです

都忘れの花を見ると心が満たされる
というか、幸せな気分になります

人間だもの・・・相田みつをさんの
詩じゃないけれど、そんな気分です
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/3325-266c82f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)