FC2ブログ
もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

四月歌舞伎
昼の部は 
一、本朝二十四孝 二、熊野(ゆや) 三、刺青奇偶

演目の読み方は難しい、奇偶にはちょうはんと
仮名がふってある

本朝二十四孝(ほんちょうにじゅうしこう)
姫君の一途な恋で、義太夫狂言の名作

華やかな顔ぶれで、武田勝頼を橋之助
八重垣姫は時蔵、腰元の秀太郎、自然な演技

長尾謙信を我當、他に錦之介、團蔵
熊野は玉三郎、七之助、仁左衛門、錦之助

平宗盛(仁左衛門)の愛妾、熊野(玉三郎)の
母親が病に

手紙が届き帰国を願うが、宗盛は許さない
従者(錦之助)や朝顔(七之助)連れて花見に

出かけるが悲しむ熊野の舞を見て、哀れに思い
帰国を許す、能をもとにした長唄舞踊、優雅な
舞で素晴しかった

刺青奇偶は内容は暗いが、勘三郎(半太郎)
玉三郎(お仲)いい味、出してました

ヤクザの親分の仁左衛門、一緒に行った友達が
ポツリと言う、追っかけやろうかしらと

格好がいいし見栄えもいい、ホレボレしちゃう!
筋はまあまあですが

舞台も終わり、出口に向かっていると
人混みから面白くない!と言う声聞こえてきた

厳しいお言葉ですが、ばくちも最後の最後まで
辞められない半太郎

お仲は死にそうだし、ばくちから足を洗って
病気も治って万万歳!

半太郎を捜している両親にも会えて万歳!
じゃないと、観ているこちらは晴れ晴れしない

最後ハッピーエンドなら、盛り上がったかも?
最後のまとめ、尻切れとんぼだったのは確か!

長谷川伸、作だけど、演出がまずかったのか
セリフが聞き取れない人、声が通る人
それぞれいろいろ、こんなものよ、いいほうじゃない?
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/320-791c033e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)