FC2ブログ
もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

目黒に住んでいた狼の研究者
平岩米吉(ひらいわよねきち)さん、動物
学者であり、作家でした

1928年、日本犬保存会の設立にも参画
1930年からイヌ科、ネコ科、ハイエナ
科、ジャコウネコ科、クマ科など

多数の野生動物を自由が丘の自宅邸内で
飼育、その行動を研究したという

狼を連れて銀座を散歩したエピソードが
あるそうですよ、ユニークな方ですね

1937年、平岩犬科生態研究所を発足し
日本犬や日本猫の種の保存に、尽力し
88歳で亡くなった

先日、ポストにこんなチラシが入って
いたのです

IMG_6571.jpg

このチラシで、自由が丘3丁目の平岩邸
1200坪のことを知る、いい場所です

IMG_6543.jpg

こんもりした、ちょっと荒れてる敷地で
ここは、なんだろう?と通るたびに気に
なっていたところです

1933年、米吉さんは雑誌「動物文学」を
創刊

亡くなった父親の雑誌を、継承していた
長女の由伎子(ゆきこ)さんが亡くなられ
相続人が目黒区に遺贈を申し出た

しかし、条件が厳しすぎるという理由で
目黒区議会は、遺贈の放棄を決定したと
いう

「邸宅を大切に思う住民の会」がチラシを
ポストに入れたようです

米吉邸相続人に目黒区に寄付して頂く
よう、早急にお願いする嘆願書でした

区議会は何故、遺贈を放棄?散歩する
にはいい距離です、狼の研究者として
著名な方なら残すべき

自由が丘は、ゆったりした場所がない
遺贈して下さるなら、頭を下げて喜ぶ
べきでは?

さあ、嘆願書にサインして出しましょう
公園と資料館が、できればいいですね
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/3182-71c9ad01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)