FC2ブログ
もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

アンチエイジングとは?
アンチエイジングとは老化に対抗する
こと、加齢とともに体の老化に対して
ケアをする、という意味です

老化は老廃物の蓄積や血行不良などの
体内で起きている現象が現れたもので

「からだは食べるものでできている」と
言われますね

若々しくいるためには、食べるものを
選択することで結果を変えられるそう
です

空腹時に働くアンチエイジング遺伝子
それは「サーチュイン遺伝子」

活性酸素の発生を抑制したり、免疫
細胞の暴走を食い止める機能をもつと
言われています

何気なく食べているスイーツ、昨日も
アップルパイを、つい食べてしまった

今まで食べてきた蓄積が老化や病気の
根源を作っているとしたら、ショック

飽食の時代に生きる私たちは、手軽に
食べ物が手に入り、食べ過ぎている

少し考えを変えるだけで老化の現象は
軽減される、2〜3割減らすだけですよ

食べ過ぎは活性酸素が増加して老化を
早める、色々な病気の原因にもなる

サーチュイン遺伝子にスイッチが入る
すると、100ほどの老化要因を抑える
効果が見られるらしい

食事量を抑えることで働く遺伝子です
努力が必要ね

20年に渡り、30%のカロリー制限を
行った猿と、自由に食べていた猿との
比較が発表された

実験結果は驚愕!たくさん食べていた
グループは、姿勢も崩れ、体毛も薄く
顔のしわ、たるみなどの老化が目立つ

一方、カロリー制限をされた猿は癌・
糖尿病・心臓病・脳萎縮・除脂肪筋肉が
激減、ハツラツとし若々しさをキープ

制限された猿は14匹生き残り、自由に
食べた猿は生き残ったのは5匹だとか

金沢医科大学糖尿病・内分泌内科学教授
古家大祐(こやだいすけ)先生の著書に
「老けない人は腹七分め」(マガジンハウス)

4fukenai.gif

30%減で眠っていたサーチュイン遺伝子
(長寿遺伝子)が活性化、さまざまな老化
要因を抑えてくれるという

髪の毛もすっかり薄くなり、ひしひしと
老化を感じるこの頃です

食べ過ぎに注意して腹七分めで長生きを
しましょう、だって孫があと5年で20歳
成長を見たいです

見ていませんが「NHKスペシャル」大反響
だったそうです

カロリー制限をすれば誰でも寿命は10年
延びる、そういう番組があったそうです
いいですね、制限しましょう!
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/3131-a8b314cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)