FC2ブログ
もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

エリザベス1世
現代のエリザベス女王は2世だそうです
1世はどんな人なんだろう?気になつて
調べて見ました

エリザベス1世は1533年9月7日に生まれ
1603年4月3日に亡くなった

1世の治世はウィリアム・シェイクスピア
クリストファー・マーロウなどが活躍した
時代

ヘンリー8世の王女として生まれましたが
2年半後に母アン・ブーリンが処刑された
ため庶子とされた、と書かれていて

庶子とは(しょし)、本妻以外の女性から
生まれた子

と言うことは・・・母アン・ブーリンは
本妻ではないの?

ヘンリー8世と本妻キャサリンとの間に
王女メアリー(メアリー1世)しかいない

ヘンリー8世は男子の王位継承者を切望
していたが、アンを愛人にする程度で
満足するはずだったのですが・・・

母・アン・ブーリンはエリザベスを生む
2年半後に処刑された、なんで処刑され
たの?

当時のプロテスタントの地下出版活動を
公けの立場で、アンが支援していたのが
反逆罪と姦通罪につながったという説も

調べると、ドロドロしたことがたくさん
斬首刑も多いし、凄い時代ですね

当時、プロテスタントとカトリックは
色々と問題があった

カトリックのメアリー1世の治世では
エリザベスはプロテスタントの反乱を
計画したと疑われて1年近く投獄された

しかし、1558年にメアリー1世が死去
すると王位を継承

img_0.jpg

1601年、エリザベスは全議員を前に
有名な「黄金演説」を行なったとか

全部は載せられませんが・・・
エリザベスの演説は常に国民の心を
捉え感動させたようです

あなた方の幸福を目に出来ないのなら
長く生きたいと思いません、これが
たった1つの願いなのです

素敵な言葉です、不況の中でも決して
無理強いをしない政策が国民の支持を
得たのです

彼女のことは何も知らないので、もう
少し知りたい、と思いました
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/3075-e206286b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)