FC2ブログ
もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

母の思い出
私の実家は都内の中野駅北口から徒歩で
3分か4分、駅に近かった

小学校のクラス会で、5年ほど前に行き
ましたが、狭い北口はもっと狭く感じた

昔は高い建物がなくて、駅のホームから
中野〜中野〜マイクの声が聞こえていた
のですよ

父が、水商売をしていた愛人と暮らし
家を出ていたから、部屋が空いていた

結婚の時、母が部屋を用意してくれた
私が21歳で、心臓手術して心配だった
のです

優しい母は、孫の世話をよく手伝って
くれた、感謝しかありません

娘が2歳半の頃、母は肝臓ガンを発症
あまりにも突然に、あと3ヶ月!と
言われて、オロオロした

5ヶ月間の間、頑張って、54歳で亡く
なってしまった、きつかったです

亡くなる日に、母は命を繋いで、孫を
待っていてくれたのです

病室に着くと第一声「○◯ちゃんは?」
すぐに、孫の名前を言った

いないことが分かると、まもなく息を
引き取ったのです

会えるのを楽しみに待っていたのです
申し訳なかった

前日は、2歳の娘と病院へ行きました
ベットの上で母と孫はゲゲゲの鬼太郎
(きたろう)を見ていた

歌が流れ「お化けは死なない、病気も
何にもない」、母は羨ましがっていた

「お化けはいいねえ、病気がなくて・」
そう言っていました

まさか、次の日に亡くなるなんて・・・
思ってもいませんでした、まさかまさか
あまりのショックで呆然

母の好きなものを持っていくことだけを
考えていました

孫に会いたかったのです、連れてきて
欲しかったのです、悔やまれました

母が亡くなって半年後に、2回目の心臓
手術を受けることになる、28歳でした

人工心肺で1度、心臓を止めて10時間位
掛ったと思います、45年前ですから

母は私が5ヶ月間は必死で看病したこと
理解してくれたと思っています

母が亡くなり17年後、父も70歳で亡く
なる、「お母さんが迎えにきたからもう
長くないよ」と、電話をくれたのです

その2週間後に、亡くなったと知らせが
あった

「不倫して家を出ても、お母さんに迎えに
きて欲しかったの?」

「お母さん、迎えにいかないよ、多分ね」
そう思いましたけれど

今も不倫だらけです、ダブル不倫もあり
問題を起こす人が多くうんざりしてます
理解できません

周りの人が幸せでいることが嬉しいです
自分のことばかり考える人が多くて残念

私は孫が15歳と14歳、大きく成長して
いる姿を見られて、とても幸せです

母も生きていたら101歳です、私、娘と
ひ孫、女ばかりの4世代で、楽しめたと
思うこの頃です

今の時代、長生きしている人は多いです
主人の母は去年、99歳で亡くなりました

側にいる娘2人に見守られて幸せな人生
だったのでは、と思います
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/3067-e871e306
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)