FC2ブログ
もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

日本人がノーベル賞を受賞するのは26人目
2018年、京都大学特別教授の本庶 佑氏が
ノーベル医学・生理学賞、本庶 佑氏を選出

免疫の働きを抑える、ブレーキ役の物質を
発見、ガンに対して免疫が働くようにする
新たな治療薬の開発などに貢献した

本庶 佑と共にノーベル医学・生理学賞の
受賞者に選ばれたアメリカのジェームズ・
アリソン博士

本庶氏と同様に、ヒトの免疫細胞を使った
新たなガンの治療法につながる研究成果が
評価された

アリソン博士は2015年にはアメリカで最も
権威のある医学賞とされる「ラスカー賞」を
去年はイスラエルの「ウルフ賞」を受賞した

本庶氏は平成24年、6年前にドイツの権威
ある「コッホ賞」も受賞、翌年に文化勲章も
受章している

日本人がノーベル賞を受賞するのはアメリカ
国籍を取得した人を含め26人目だそうです

医学・生理学賞では一昨年の大隅良典氏に
続いて5人目、本庶氏は京都市生まれ76歳

京都大学医学部を卒業後、昭和46年(1971)
アメリカに渡り、カーネギー研究所や国立
衛生研究所で免疫学の研究

大阪大学医学部の教授を経て昭和57年から
京都大学の教授、医学部長などを務めた

現在は、京都大学高等研究院の特別教授と
して副院長を務めている

免疫をつかさどる細胞にある「PD-1」と
いう新たな物質を発見したそうです

体の中で免疫が働くのを抑えるブレーキの
役割を果たしていることを突き止めた

ガン細胞や、ウイルスと戦う免疫細胞には
攻撃を仕掛ける「アクセル」

それに相手が敵か味方かを判断して攻撃を
抑える「ブレーキ」があるという

ガン細胞は、攻撃しようとする免疫細胞
から、自分が攻撃されないようにする
頭がいいですね

この発見で、体が本来持っている免疫で
ガン細胞を攻撃させる、新しいタイプの
治療薬

「オプジーボ」という薬の開発につながった
凄い薬ですね!

コツコツと研究をしていた方で、「いい感じ
の方ね」と、娘に言うと「頑固で難しい人よ
きっと」そう言っていた

奥様が言われたのは生活の中でも何事にも
諦めない態度だったそうです

「頑固、一徹な人ですよ、奥様はよく耐えら
れた」と、テレビで言っている人がいた

確かに、本庶氏は妥協許さず厳しい指導の
ようで「疑問にこだわれ」が口癖、という

教え子も「薬になるには大変だった」そう
言っていた、努力の末だったようです

ガンで亡くなる人が多いので新しい薬が
生まれたことは、大変嬉しいです

母も50年位前、肝臓癌で54歳で亡くなり
弟も、25年位前に肝臓ガンで47歳で亡く
なった

弟は早稲田の教授になったばかりでした
フランスで肝臓移植したのに完治できず
悔しかったと思います

随分前ですから仕方がないですが、今も
乳ガンになり手術し、不安に思っている
友達もいます

完治しないガン治療の先がやっと見えて
きて、救われている人は多いと思います

「オプジーポ」で治っている人がテレビに
出て、明るい顔をしていたのが印象的

ガンになっても安心!と、思える病気に
なりそうで嬉しいです
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/3055-487cbe34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)