FC2ブログ
もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

日本人の身長の歴史
モックンの息子さんの身長は195cm
ですって、大きいですね

父親は174cmと平均サイズ、樹木希林
さんの娘さんも大きいのでしょうか?

日本人としては並外れて大きいですね
大谷翔平さんも193cmと聞く

お父さん182cmでお母さんは170cm
お兄さんは187cmと、みんな大きい

「身長を高める遺伝子」と「身長を低く
する遺伝子」があるそうですが小さい
遺伝子があっても出なかったのかも?

「高める遺伝子」だけ子供に伝わると
両親より、極端に身長の高い子供が
生まれるという

明治時代平均身長・男性は155cm
女性は145cmと、言われています

江戸幕府の初代征夷大将軍・徳川
家康は159cm

節制して75歳まで長生きしている
慎重な性格からか生モノには一切
口をつけなかったそうです

将軍家菩提寺・大樹寺にある歴代
将軍の位牌は、死亡時の身長で
作られているのは有名な話です

江戸幕府の第3代将軍・徳川家光
157㎝

江戸幕府の第5代将軍、徳川綱吉は
124cmと言われている

徳川慶喜(よしのぶ)は、江戸幕府
第15代征夷大将軍、最後の将軍

位牌がないために、身長は不明だ
とか

平安時代末期の武将・源義経150㎝
戦国時代の武将、武田信玄は153㎝

野口英世だって153cm、日本人も
大きくなったものです

戦国時代から安土桃山時代にかけて
武将の織田信長は170cm

秀吉は140cm、秀吉は側室の淀殿
より28cmも小さかったという

父・浅井長政は180cmを超える
巨漢だったので遺伝でしょう

淀君の子・秀頼も浅井家の血を色
濃く受け継いだ

古文書に「六尺豊かで目元涼しく
気品に満ちた面立ちの見栄え良い
青年」と残っています

180cmで80kgのがっしりした
体格でした

江戸時代初期の剣豪、宮本武蔵も
180cm

維新の十傑の1人、大久保利通は
178cm(薩摩藩士)

維新の三傑の1人・西郷隆盛は
(薩摩藩士)182cmだったそうです

戦後のGHQ最高司令官のダグラス・
マッカーサーは180cm、彼より
大きかった西郷どん

幕末から明治時代初期にかけての
庶民の食事は麦飯と漬物、野菜の
煮つけや魚の干物など

非常に質素な食生活、肉類などの
動物性たんぱく質を食べる機会が

少なかったから、日本人の身長が
低かったのでしょう

栄養も豊富になり日本人も随分と
大きくなったものです
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/3049-b3d24f18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)