FC2ブログ
もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

ミトコンドリアゲノムは母性遺伝
カリフォルニア大学・バークレー校の
レベッカ・キャンとアラン・ウィルソン
のグループ

できるだけ多くの民族を含む147人の
ミトコンドリアDNAの塩基配列を解析

すると人類の系図は二つの大きな枝に
別れ、一つはアフリカ人のみの枝

もう一つはアフリカ人の一部とその他
すべての人種からなる枝

全人類共通の祖先の1人がアフリカに
いたことになります

古代の女性に対し名付けられた名称が
「ミトコンドリア・イブ」

人類の歴史は好きで、以前もブログに
書いた記憶あります

ミトコンドリアとは細胞小器官である
ミトコンドリア内にあるDNAのこと

生体内のエネルギーを作り出す小器官
その中に、体細胞の遺伝子とは異なる
DNA(遺伝子)を持っています

父親由来のミトコンドリアは受精の
時に壊されてしまうので、子孫には
父親の核のDNAだけしか伝わらない

父母の遺伝子が複雑に混ざらない
ため、ということのようです

ミトコンドリアDNAは母方の祖母
から受け継がれ、その祖母も母方の
母(祖母)から受け継いでいると言う

私も母のお母さん、松山の祖母から
受け継いだミトコンドリアなのね

母方の祖母は夫が早くに亡くなって
和裁で母と叔父を育て上げた人です

母は女学校、叔父は師範学校出身で
教師になりました、頑張り屋の祖母

私の父はその叔父と師範学校で同期
だった、話が横にそれましたね

ミトコンドリアに戻りましょう
では、私のミトコンドリア遺伝子は
孫へ伝わるわけね

何代、遡っても、ミトコンドリアを
伝えてくれた先祖は、たった1人?

そのミトコンドリアの起源は一本の
線で繋がり、アフリカにたどり着く

遺伝子は不思議なことばかりです
髪の毛に関しても父親の髪の色が黒

母親が茶色がかっていたら黒になる
確率が高い

髪の色に関して、父方が優性遺伝で
母方が劣性遺伝だとか

「優劣」という言葉は使っていますが
遺伝的に優れているということでなく
「強弱」と考えると分かりやすい

何か意味があるのでしょう、遺伝子は
不思議なことばかりで奥が深いですね 
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/3048-9efa4dce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)