FC2ブログ
もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

サレルノ養生訓、日本と養生訓
南イタリア、カンパーニア州の州都ナポリから
国鉄で約1時間のところにあるサレルノ

西のソレントと、東のサレルノまで40キロの
海岸線には、観光地がつらなり、世界で最も
美しい海岸線と言われています

サレルノは、海岸線から内陸まで農牧業が
発達豊かな食文化の伝統があり西洋最古の
医学校発祥の地でもあります

原書は食養生(ダイエット)を中心に入浴法や
睡眠など、生活習慣に関する注意事項を予防
医学の見地からわかりやすく解説している

養生訓ではハーブ、オリーブオイル、フルーツ
など、ヘルシーな地中海の産物の活用を積極
的に説いている

サレルノ養生訓にも、江戸時代の貝原益軒が
書いた養生訓にも現代に通じるアドバイスが
書かれている

仕事に、明け暮れるストレスの多い現代人が
健康を享受する上で、忘れかけた大切な事は
上手に、くつろぐ(休息をとる)という事です

この発想は地中海地方に、今もなお、息づく
伝統的な食生活をする事

すなわち家族や友人と、ゆっくり時間をかけ
食事を楽しむ、という考え方にもつながる

特に貝原益軒書いた「養生訓」は300年以上も
続く超ロングセラーです

何でもほどほどが良い、満腹の状態は臓器と
臓器の間にある隙間を圧迫してしまう

気の通りを塞がないためにも腹八分目を、心
がけること

飲酒も、ほろ酔い程度を楽しむのが良い、と
言いますよ

空腹感が満たされる程度の腹八分目を目安に
バランスを考慮すること
のバランスを

甘い、辛い、しょっぱい、苦い、酸っぱいの
五味とは(甘味・旨味・塩味・苦味・酸味)

野菜は穀物や肉類の不足を補い、消化も
しやすい

自然にバランスの調った食事内容になるそう
です

貝原益軒は野菜の中でも「大根はつねに食ふ
べし」と言ってます、鍋には必ず大根おろし
入れますね

消化吸収が良くなり長寿で元気な人は蕎麦や
うどんに薬味としてネギや大根おろしを入れ
食べる

野菜をたっぷり入れた、具沢山のみそ汁も
いい、そして食後には三百歩ほど歩くこと

食後は長く休まずに少し歩くと、消化吸収が
促されますからね

食後のほどよい散歩はとても健康にいいです
益軒の訓(おし)えは現代の長寿学にも通じる
ことばかりです

何事もほどほどにバランス良く、という益軒の
哲学は、人生そのものを豊かにしてくれる智恵
忘れないように暮らしましょう!
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/3026-110742d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)