FC2ブログ
もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

名字(苗字)で、先祖のことが分かる
「苗字」にはこの字と「名字」の二つの
漢字がありますが、今は「名字」を
使うようですね

名字で色々、先祖の様子が分かる
古舘伊知郎さんが司会をしている
NHKの番組「日本人のおなまえっ!」

見たのですが、小学生で名字に
詳しい子供が出演していた
詳しくて、凄いな!と思いました

自分の名前から調べ始めたそうです
レギュラーで出演されているのは
お笑いコンビのハライチの澤部さん

宮崎美子さん、そして名字研究家の
森岡浩さんです

出身地で先祖が何をしていたかまで
分かるのは、とても興味があります

名字には10万種類以上の名前がある
のをご存知でしょうか?

位の高い豪族は血縁をもとに、氏
(うじ)という集団を作っていました

蘇我氏(そがし)・物部氏(もののべし)
大伴氏(おおともし)などがあります

他に吉備氏、紀氏、巨勢氏、平群氏
出雲氏、百済氏、土師氏など、まだ
まだありますよ

名字を調べると、面白いそうですが
実家の名字もありふれた名前ですし
深い意味は、出てきそうもないです

一番多いのが「佐藤さん」二番目は・・
「鈴木さん」三番目が「高橋」らしいです
必ずクラスにいた記憶がありますね

変わった名字だなぁ~、面白いなあ
と思ってしまう名字もいくつかあり

何故、その名前なのかが、分かると
なるほどねえ、と感心します

山崎さんはヤマザキ、ヤマサキと
読んだりする

ヤマザキと読む場合は東日本出身で
ザキをサキと読む場合は西日本出身
とか、調べると意味があるのです

江戸時代の庶民には名字がなかった
そう言われていますが・・・

庶民といえども血縁共同体としての
家があり、それを表す名もあった

今と違い、江戸時代より前は自由に
名字を、変える事が出来たのだとか

貴族や偉い人だけが、名字を持てて
お百姓さんは、明治になって使える
ようになったのかな?と思っていた

勉強が足りないです、もっと知りたい
と、思っています
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/2969-20bd4689
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)