もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

生涯未婚率とは?
生涯未婚率、これは日本政府が人口の
統計において用いている用語だとか

50歳になった時点で一度も結婚をした
ことがない人間の割合を意味する言葉
だそうです

調査によると、江戸時代の中頃までは
農村でも次男、三男の有配偶率は低く

晩婚の傾向が高かったことがわかって
います

江戸では男性の比率が高すぎて、結婚
相手がみつからなかった

当時の江戸は、男女比がアンバランス
男がすごく多かったようです

農村部では、男性は2人に1人が一生
独身だったとか

身分にもよりますが、珍しいことでも
なんでもなかった、ということですね

日雇い仕事につく人が多い、という
まるで、現代の都市のような状態です

農村部で配偶率が高くなるのは、江戸
時代の後期、何故なの?

農村人口の隷属農民そのものの比率が
下がったことが大きいという

どういうこと?小作人は借地で農業を
営む事業主、隷属農民は使用人

結婚できなかった隷属農民は、子孫を
残せなくて、どんどん断絶していった

今のような家族は、江戸時代にできて
小農として自立する農民が増えた

結婚して、家族で耕作するようになり
親子を中心とする直系家族が誕生した

そのため農村部では、婚姻率が高まり
結婚するのが、普通になります

江戸時代〜明治の半ばまでは、離婚率
現代の日本より高く、再婚も多かった

定職につかないというのも、今日の
新しい現象ではなく江戸時代もあった
そして、生涯未婚率も高いそうです

最近、SNSで男女が知り合って、殺人
事件に発展したケースがあり、安易な
出会いには、充分に気をつけましょう
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/2834-a690334b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)