FC2ブログ
もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

新しい植込み型除細動器(S-ICD)
植込み型除細動器(S-ICD)に新しい
タイプ、2016年より使用可能になり
3月より手術を開始

9月末迄に6症例に手術をした、と
言う順天堂病院

皮下植込み型除細動器(S-ICD)手術
全症例、合併症なく手術は終了して
経過も良好だそうです

皮膚下に置くだけで、突然死を防げる
とは、素晴らしいです

心臓の拍動が異常になる不整脈は規則
正しい拍動が乱れる状態

拍動が1分間に100回以上を超える頻脈
心臓の心室が小刻みにブルブル震えて

全身に、血液を送る事ができない状態
心房細動と違い、心室細胞は危険です

治療法の一つ「植え込み型除細動器」は
不整脈による突然死を防ぐため、国内
では1990年代から使われてきた

(S-ICD)は静脈を通じてリード(導線)を
心臓内に挿入、電池が入った装置を
鎖骨の下に埋め込む

写真で見ると、薄いですが胸に入れる
には結構大きいです

リードが不整脈を検知すると本体から
心臓に電気ショックなどを送る

心拍を正常に戻す、年間5000台~
6000台が、使われているそうです

新型は、心臓を傷つけるリスクを回避
するそうで、患者にとり嬉しいですね

今後、「頻拍」対応のカプセル型ペース
メーカーの開発を進めると言う

頻脈で慈恵に運ばれ電気ショックは
何度も受けたことあります

承諾書にサインする、何故って運が
悪く、亡くなる人もいるからです

小学校の時の同級生で徐脈性不整脈
になり、ペースメーカーを入れている
人もいます

新しい「植え込み型除細動器」(S-ICD)
患者にとって、大変有難いことだと
思います、研究者の方々に感謝ですね
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/2810-76737f51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)