FC2ブログ
もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

猫には「忠義」のイメージがない?
昨日、書いたハチ公のように、犬は
人につくが、その代わりに猫は家に
つく、と言われます

引っ越しても、元の家に帰るとか
聞いたことがあります

戻れればいいけど、迷子になって
野良猫になったらストレスを与えて
しまうし、大変です!

犬の祖先はオオカミ、群れで生活
そして、必ずリーダーがいます

群れで暮らすために、社会性が高く
リーダーの言うことを、よく聞く
飼い主はリーダーです

猫は単独行動で気まま、狩りなどは
1匹でして、好きな時に食べる

群れで暮らすこともなくお腹が空く
と、狩をして、眠たくなったら寝る
マイペースに暮らしている

ご飯も食べたい時に食べたい量だけ
食べている、犬は出されたものは
綺麗に食べてしまうけどねえ

長い間、犬を何代も飼っていました
去年亡くなったララの前はリリです
ララのお母さんです

その前は、ヨーキーのチャミーで
15年ほど生きたかな?

その前は芝犬のリキでした、忠義な
犬ばかりなので、猫には戸惑いを
感じますが、可愛くなってきました

「忠猫・たま」の話を知り驚く、忠義の
猫の物語があるのです

横手市の大地主だった伊勢多右衛門は
飢饉に備えて、村人のための米を備蓄

野鼠や蛇が倉を荒らすため白まだらの
雌の仔猫をもらい受けた

やがて仔猫は大きくなり、昼は野鼠・
蛇を追い、夜は米倉の鼠を退治した

そして10年をかけて、鼠などを撲滅
したという

その姿は、神仏が乗り移って人々を
守ろうとする命の番人に見えた

生涯、子供を産まず、聖女のよう
だったという、野良猫で、子供を
産まないなんて不思議ですね

明治40年(1907)年に、亡くなった
この白猫の功績を、伝えるため

翌年の明治41年(1908)年に建立
された

今も秋田県の横手には「忠猫の碑」が
残っているそうですよ

160622cyuubyou.jpg

そうかあ、猫も忠義なのね、何を
考えているか、よく分からないけど

猫を飼いだしてから娘や孫に「元気に
なったよ」と、言われています

IMG_9955.jpg

リラちゃんの寝姿には心が和む、どう?
リラックスしているリラの寝姿です

IMG_9963.jpg

せっせと、爪を磨いているリラちゃん
眺めているだけで体がフワ〜と緩んで
軽くなります

さあ、忠義な猫かも?しれないリラと
仲良く暮らすことにしましょう

IMG_9925.jpg

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/2793-2c153944
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)