FC2ブログ
もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

原発がどんなものか知ってほしい
ネットで人生を原発と共に生きてきた人を
知った

1997年に58歳で亡くなった平井憲夫さん
です、21年前に男性の平均寿命より若く
して亡くなっている

平井さんは岡山県倉敷市生まれで石油化学
プラント建設会社に入社

千代田化工建設、日立製作所グループの
吉田溶接工業、東京電力、福島第一、第二
中部電力浜岡、日本原電敦賀、同東海など

沸騰水型原発の建設、定期検査における
配管工事の監督を20年以上原発で勤めた

1988年退社後、1990年「原発被曝労働者
救済センター」を設立

代表として、原発工事で被曝する労働者の
救済にあたりながら、全国で講演活動を
繰り広げたそうです

そういう人がいた、知らなかったですね
各原発建設現場の実態を、法廷で証言した

原発がどんなものか知ってほしい、その
思いで、活動したという

彼曰く「私は原発反対運動家ではありません
20年間、原子力発電所の現場で働いていた
者です」

原発については、賛成だとか、危険だとか
安全だとか、いろんな論争がありますが

「原発とはこういうものですよ」ほとんどの
人が知らない、原発の中の話をしていた
そうです

毎日、被曝者を生み、大変な差別を作って
いるものだ、ということがよく分かると
思う、そうおっしゃってました

安倍首相は未だに再稼働を進めています
おかしいと思いますね

現場の人が言っていたことを、無視する
のですから

よく考えて、未来の日本人、世界の人々
安全です越せるように考えて欲しいもの
です、政治家ならね

小泉純一郎元首相は脱原発を掲げている
次の首相は、もし自民党なら・・・・・

小泉進次郎さんかもしれません、若すぎ
ますか?もしそうなら、脱原発を進めて
欲しいものです

「福島原発 現場監督の遺言」恩田 勝亘(著)
こういう本も出ている、読んでみたいと
思っています
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/2779-d42af856
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)