FC2ブログ
もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

漆器の歴史と人類の歴史
漆器(しっき)は木や紙などに漆(うるし)を
塗り重ねて作る工芸品、日常品から高級品
食器、根付、様々な形があります

漆器とは漆をまとった食器の意味ですが
漆を表面に塗ることで器物は格段に長持ち

漆から採れる加工した樹液の漆を、素地
(素材が木の場合には「木地」)下地工程から

塗り工程、30から40になる手順があります
そして、漆器に仕上げていく

利用される素地には、乾燥された木材、竹
紙、金属など現代では合成樹脂も使われて
います

漆作家は大変な仕事で、何事もコツコツと
される人でないと、難しいですね

最古の漆器は長江河口にある河姆渡遺跡で
発掘された木弓と言われていました

放射性炭素年代測定で約7500~7400年前と
確認されたので、漆器は中国が発祥地

技術は漆木と共に大陸から日本へ伝わった
と、考えられていた

ところが、北海道函館市南茅部地区から
出土した漆の装飾品6点、米国での放射性
炭素年代測定によると・・・

中国の漆器を大幅に遡る約9000年前の縄文
時代早期前半の装飾品であると確認された
そうです

垣ノ島遺跡(かきのしまいせき)は、北海道
函館市に所在する縄文時代の遺跡

img_kakinoshima.jpg

約9000年前の縄文集落の変遷と生活痕跡が
確認できるのです

縄文時代早期前半から、後期後半にかけて
(紀元前7,000年~紀元前1,000年頃)

約6,000年、長期にわたる定住を示す集落
遺跡

そうなると、中国よりこちらの方が古い
何でも、大陸から文明はきたものと思って
いたので、不思議な感覚です

漆は奈良時代以前に大陸から持ち込まれた
と、考えられていたが、さらにさかのぼり
縄文時代初期の可能性なのです

そして、漆も日本国内に元々自生していた
とも考えられる

垣ノ島遺跡からは、赤漆を染み込ませた糸で
加工された装飾品の他に、黒漆の上に赤漆を
塗った注口土器なども発見された

thumb_kakinoshima04.jpg

漆塗り注口土器や香炉形土器などが数多く
出土

それに、1984年に福井県(鳥浜貝塚)で出土
した「漆の枝」

2011年に東北大学が放射性炭素(C14)年代
測定法による、分析の結果

約1万2600年前の「漆の枝」であることが判明
世界最古、ということがわかった

ますます文明はどこからきたのか、と興味が
出てきました

縄文時代だから縄文人で、アイヌや沖縄の人
彫りの深い顔です

縄文人は、どこからこの日本列島に来たので
しょうか?興味がますます湧きます
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/2741-907a1df4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)