FC2ブログ
もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

浄土真宗の教え「平生業成」
「超訳 ブッダの言葉」という本の
目次には・・・・・

一  怒らない
二  比べない
三  求めない 
四  業(カルマ)を変える
五  友を選ぶ
六  幸せを知る
七  自分を知る
八  体を見つめる
九  自由になる
十  慈悲を習う
十一 悟る
十二 「死と向き合う」

分厚い本ですが、サラッと読めます
2500年前のブッダの教え

鎌倉時代初期の僧であり、90歳まで
生きた親鸞聖人の教えは漢字4字で
「平生業成(へいぜいごうじょう)」
浄土往生を説く浄土真宗

「平生」は・・生きている現在のこと
「業」は・・・人生の目的
「成」は・・・完成、達成する、こと

人生には「大事な目的」があり、現在
生きている今、目的を完成しなさい
という親鸞の言葉、この言葉は好き

信者ではないですが、いい言葉だな
と、思い、自分なりに考えています

浄土真宗では、妻帯以外にも肉食も
教義として禁じていなかった

親鸞聖人は2度結婚、最初の妻には
子供の記述がありません

2番目の妻が恵信尼、親鸞との間に
4男3女の7人の子

親鸞を家祖とする、大谷光尊(明如)
以降の浄土真宗本願寺

脈々とDNAを受け継ぎ、現代まで
続いているのでしょうね

徳川時代まで他宗派では僧侶の妻帯
禁止、それ以前の空海・最澄が独身
なのは当然のことでした

今はどの宗派でも妻帯、肉や魚を
食べ、お酒を飲んでもいいようです

だとすると仏教国のタイとはまるで
違っている、日本の場合は葬式仏教
だから

立派な僧侶もいれば、事件を起こし
逮捕されるお坊さんもたくさんいて

何がいいのか、何が良くないのか
修行とは・・・悟りとは・・難しい
問題ですね
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/2727-5064ba1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)