もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

パリ協定を離脱したアメリカ
17日の朝日新聞に「アラスカの森 広がる砂漠」
という記事がありました

読んでみると、米国 アラスカ州の森林地帯に
異様な形をした砂漠があるそうです

現段階では原因ははっきりしない、と書いて
ありますが、地球温暖化が進めばこのような
場所が、増える可能性が懸念されている

「デューン」と呼ばれるこの地形は400キロの
永久凍土地帯

何らかの原因で凍土が溶けて、池になったが
水面も蒸発し、徐々に乾燥して可能性がある
という

永久凍土の誘拐が進むと二酸化炭素や、メタン
ガスが放出され、さらに温暖化が進むという
悪循環です

もうすでに、市民生活に影響が出ているという
アラスカ全土の役38%は表土近くに永久凍土が
ある

今世紀中には、最大で1/4が失われるとの予測
です

アメリカの大統領のトランプ氏は大統領就任前
には「温暖化はでっちあげ」と主張しパリ協定を
否定

就任後はオバマ政権が作った温暖化対策の行動
計画撤廃を打ち出す

環境保護局の長官に、温室効果ガス排出規制に
反対してきた人を起用した

パリ協定とは、地球温暖化を防ぐべく、各国が
温室効果ガス(CO2等)の排出削減に、取り組む
ことを定めているもの

アメリカ、日本、中国、ヨーロッパの国々等が
参加しています

そのパリ協定を離脱したトランプ大統領、理由
として「パリ協定はアメリカ経済の足かせに
なっている」と述べている

財政の苦しいアメリカは、アメリカファーストで
雇用を促進しながら、お金も捻出できるという
まさに一石二鳥の決断

でも足元のアラスカからも、問題が出てきている
大丈夫ですか?

支持率も落ち、39%になったそうです、日本も
アメリカも問題だらけ、さてさてどうなることやら
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/2614-77b83175
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)