もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

サジー(シーバックソーン)
栄養価が高く「スーパーフルーツ」と
呼ばれているサジー

グミ科ヒッポファエ属でユーラシア
大陸原産のグミ科の植物ですって

グミは体にいいから、きっとサジーも
さぞやいいんでしょうね

まだ、飲んだことがないサジーの
ジュースは、どんな味でしょうか?

レモンに入ってる有機酸は「リンゴ酸」
たくさん入っているようです

おなかの調子をよくする成分だから
今の私には必要ですが、とっても
酸っぱいらしい

レモンだって、酸っぱいのにね
リンゴ酸がリンゴの8.3倍ですって

サジージュースの味はみんな大好き!
と、いう味じゃないらしい

マイナス40度の極寒地でも生き、乾燥
した砂漠でも、果実をつける

高山や砂漠、寒暖の差が激しい所に
生息する生命力の強い植物だそうです

そういうものを摂ると、強くなるはずね
美しいオレンジの実をつけるという

440px-Hippophae_rhamnoides-01_(xndr).jpg

グミ科でも色は違うのですね、真っ赤
ではないです

image.jpg

大型動物が果実を食べてしまうのを
防ぐために太い棘(とげ)がある、身を
守るために進化したようです

実を食べた小動物たちが、種を拡散
してくれるようで、ありがたいですね

種の拡散のため、11月~2月の冬の
間、ずっと実を落とさず、鳥が食べる
のを待つサジー

種は鳥の体内にいる間、通常の何倍
ものスピードで、成長するので・・・

果実の栄養価は非常に高く、サジー
原生林の野生動物や、野鳥の貴重な
栄養源にもなるという

サジーの果実は、9月~10月の間に
実り、種類で大きさ、色、味、成分が
異なるようです

種によってイクラの卵くらいの直径
5mmくらいの実をつけるものや1cm
くらいの実をつける種もある

種類にもよりますが、堅く黒茶色で
ゴマを少し太らせ、丸くした形

種から抽出されるオイルは、希少
価値高い原料として、商取引される

日本では、オイルを飲む習慣はない
ですが、他の国ではサジーオイルを
飲用しているそうです

果実ほどの商取引はありませんが
葉も栄養価の高い原料で、香りの
いい健康茶として、利用されている

栄養価の高い動物の飼料としても
利用される

枝や幹は硬く成長が早い、ネパール
などの国では動物の飼料、良質の薪
燃料とか

ネパールでは森林破壊や土壌浸食の
問題を抱え、枝や幹をを切った後の

回復の早いサジーは大きな環境保全
の役割を担っているという

お腹にも良くて、栄養価が高いなら
是非飲んでみたいですね、酸っぱい
のを、我慢できるかが、心配だけど・・・

img13635960.gif

上の写真はグミの色、真っ赤です
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/2597-69569856
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)