もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

津田梅子(津田塾創始者)8歳でアメリカ留学
明治4年(1871)11月12日、岩倉使節団が
アメリカに向けて出発

この時、59人の留学生も一緒に横浜港を
出帆した

政府首脳陣や留学生を含む総勢107名
岩倉具視を正使とし、日本からアメリカ
合衆国やヨーロッパ諸国に派遣された

岩倉使節団とは明治維新期の明治4年
〜明治6年までの大使節団

59人の留学生の中には、北海道開拓を
目指して設立された開拓使が募集した
5人の女子留学生もいた

開拓使の募集に対して、締切日までに
1人の応募者もなかったそうです

まだ一般庶民はアメリカのことは知らな
かったでしょう

再度募集し、ようやく次の5人が集まる
その中の津田梅子は当時8歳ですよ
留学とはすごいですね

津田梅子(6歳)、永井繁子(10歳)、山川
捨松(11歳)、吉益亮子(14歳)、上田悌子
(16歳)の5人です

梅子さんは6歳で留学とは驚きますね
彼女たちの父、兄がいずれも士族で
幕臣です

薩長を中心とした官軍に敵対した藩の
藩士だった

14歳、15歳の年長の二人は、翌年に
健康をに害して、帰国

留学期間10年を全うしたのは残りの3人
だったと言う

帰国した時には開拓使そのものが廃止
されていて、北海道での女子教育を担う
という、目的がなくなってしまった

純粋に教育畑を歩き続けたのは津田塾
創始者、津田梅子ただ一人でした

今なら留学は当たり前、の時代ですが
明治維新の頃、世界のことが全く理解
できない時代に、手放した親もすごい

アメリカの家庭にホームステイの形で
預けられ学校に通った

梅子のホームステイ先はアメリカ東部
ジョージタウン

彼女は足掛け11年間、アメリカに滞在
日本弁務館書記で画家のチャールズ・
ランマン夫妻の家に預けられる

ランマン夫妻は彼女を実の娘のように
かわいがったという

10年目に帰国期限がきた時、卒業まで
あと1年なので、留学延長を申し出て
帰国したのは、明治15年で(1882)19歳

6歳のときに渡米したので梅子、一切
アメリカでは、日本語をしゃべらない
生活でしたので日本語を忘れてしまう

アメリカ人になりきってしまっていたよう
です、帰国後、色々エピソードがあり

しばらく梅子の妹が通訳を務めていた
という

梅子は帰国し英語教師をして明治22年
(1899)、華族女学校教授在官のまま
再びアメリカに渡る

生物学を専攻し、その留学中、指導に
あたったモーガン教授と、共同研究を
行う

日本女性として、初めての科学論文
「蛙の卵の発生研究」を発表

津田梅子は科学者として認められた
明治25年に帰国、華族女学校教授に
復帰

同31年から女子高等師範学校教授を
兼ねている

同33年(1900)7月、自分が考える新しい
時代の新しい女学校を創るため、37歳
梅子は両校の教授を突然辞めた

学校(女子英学塾)開校、塾生が10名
という小さな塾でした

式が行われたのはその年の9月14日
東京麹町区一番町(千代田区一番町)
借家からスタート

梅子が留学中キリスト教の洗礼を受け
聖公会に所属

その関係者やアメリカ人の友人たち
無報酬で授業を手伝ってくれた

塾生たちはめきめき力をつけ、その
評判により、さらに塾生が集まった

同37年(1904)には、専門学校に昇格し
個性を生かした全人的な教育を実践

アメリカの、最新の情報を得るために
女子英学塾創立後も長い外国旅行を
している

無理がたたり大正6年(1917)、病に倒れ
その後は遂に教壇に立つことはできなく
なった

昭和4年(1929)8月に64歳で亡くなリった
のちに、昭和8年(1933)、津田英学塾に
18年(1943)に、津田塾専門学校と改称

戦後1948年に津田塾大学となり今日に
至っている、そういう歴史は知りません
でした

難しい大学と知っていましたが津田塾
大学の偏差値、今年のは・・・

津田塾大学(学芸) 61 (総合政策) 59
女子大を志望する人が、少なくなったの
かもしれませんね   

東京大学(理Ⅲ類/国)80、文Ⅲ類/国)74
慶應義塾大学 (医)76 (法)75 (文)70

友達のお孫さんは、慶應文学部に入学
偏差値は高いので受験勉強、大変だった
でしょうね
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/2557-a2376235
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)