もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

幕末の三舟(ばくまつのさんしゅう)
幕末から明治時代初期にかけて活躍した
幕臣である勝海舟、山岡鉄舟、高橋泥舟
(でいしゅう)3名の総称「幕末の三舟」

幕末に、徳川慶喜から戦後処理を一任
された勝は官軍の西郷隆盛との交渉役に
高橋を推薦する

しかし、高橋は遊撃隊(慶喜の身辺警護)
の、隊長を務めていたため江戸を離れる
ことができなかった

代わりに推薦されたのが、高橋の義弟
山岡鉄舟

西郷との会談で、鉄舟は江戸城開城の
基本条件について合意を取り付けた

その後、慶応4年3月9日(1868年4月1日)
勝海舟が単身で西郷隆盛と交渉

同年4月11日(5月3日)江戸城は、無血
開城されることとなる

幕末動乱における大英断、結果的には
西洋列強から日本を守りました

立役者は旧幕府軍の勝海舟と、それに
応えた新政府軍の西郷隆盛です

江戸を戦火から救った勝、山岡、高橋の
名前にいずれも「舟」がつくことからこの
3人を「幕末の三舟」と言う

600px-Calligraphies_of_Bakumatsu_Sanshu.jpg

上の書は3人のものです、右から鉄舟
真ん中は海舟、左が泥舟、それぞれ
魅力がある書で、個性が出ています

この3名に木村芥舟(かいしゅう)又は
田辺太一(号・蓮舟 れんしゅう)を加え
「幕末の四舟」とすることもあるらしい

鉄舟は剣・禅・書の達人と言われて
いるが、特別、何かに秀でた人でも
頭脳明晰の人でも、なかったと言う

海舟は「馬鹿もあれ位な馬鹿になると
違うところがある」と鉄舟を評する

「愚直に努力を積み重ねる才能こそ
鉄舟の持つ最大の魅力」と、著者

どんな人だったか、興味が出ますね
昔の日本の侍というのはこういう風に
考え、行動するのか....という点で

現代の日本人にはない、素直で素朴
で、剛直な生きざまがうかがえる

松本健一の「幕末の三舟-海舟・鉄舟・
泥舟の生きかた」(講談社選書)

アマゾンで当日、配達してもらえるので
今朝、早くにネットで注文

明日、慈恵医大病院の外来日、病院は
待ち時間が長いので、単行本は持って
いくにも軽いし、早く読めていいですね
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/2554-fd1cc45d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)