もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

増粘剤CMCとは何ですか?
増粘剤CMCとは・・・・・
カルボキシメチルセルロースナトリウム
増粘安定剤、食品添加物です

食品に滑らかな感じや、粘り気を出し
商品の安定性を向上させるためとか

豆腐を作る時に豆乳を固める凝固剤
かんすい、これもそうらしい

天然のかんすいが取れる場所は中国
吉林省西部にある内モンゴル

日本では、工業的に化学合成された
かんすいが使われることが、ほとんど

中華麺の食感や、風味を出すため
にも使います

アイスクリーム、ジャム、ヨーグルト
ソースなどの調味料、飲料、漬物や

固形スープの素や、菓子の崩壊剤
にも、使用されている

増粘安定剤は、いろいろありますが
他の物と比べると糊状なので、乳化
安定剤としても使われている

成分表示に「増粘剤(CMC)」とか
「増粘多糖類」とも表示される

チーズ同士を、くっつかないように
粘り気を与えて、成形しやすくする
ためにも、使われています

EUは禁止しているのです、だから
完全に安心とは言えませんよね

日本ではあるとあらゆるものに食品
添加物として使用されているのです

それ以外には医薬品、化粧品、顔に
塗るクリームとか、塗料、製紙、ペット
用品など幅が広い

害はあるのですか?危険度は?
比較的安全と言われてますが本当に
安心していいでしょうか?

疑問です、でも危険度が一番高い
添加物としては・・・

1.亜硝酸塩(ナトリウム)
ハム、ソーセージ、魚肉ソーセージ
イクラ、タラコ(明太子も)

発色剤として(黒ずみを防ぎ、ピンク
色に保つ)

2.合成甘味料(アスパルテーム、
 アセスルファムK)

3.タール色素(合成着色料)
4.安息香酸Na

5.ソルビン酸、ソルビン酸K(カリウム)
最も多く食品に、使われる保存料
入っていないものを探すのが一苦労

亜硝酸ナトリウムと、一緒に摂ると
発ガン性のリスクが、高まる疑いが
あります

酸化防止剤の亜硫酸塩はほとんどの
ワインに添加されている

亜硫酸塩と一言で言いますが実際に
二酸化硫黄、亜硫酸Na、次亜硫酸Na
ピロ亜硫酸Na、ピロ亜硫酸Kがあり

食品表示上は「亜硫酸塩」として一括
表示が許されているので、何が使用
されているのか分からないのが実情

ワインを飲む場合「無添加ワイン」を
飲みましょう、スーパーで売ってます

6.防カビ剤は、輸入品のアボカドや
バナナやオレンジなどに添加

果肉にも、成分が残留しているとか
常食は避けた方が良さそうです

7.グルタミン酸ナトリウム
(アミノ酸等)味の素の成分です

8.トランス脂肪酸
多く含まれているのはマーガリン
ショートニングです

摂りすぎると心臓病のリスクを
高め、ぜんそく、アトピー性皮膚炎
アレルギー性鼻炎などなど

アメリカでは2018年までに原則
全面禁止することが決定された

食品への使用に関して「安全とは
認められない」と結論付けた

安心できる食品が少ない日本です
一人一人が認識することが大切

市販されているお弁当には沢山の
食品添加物が添加されています
食欲がなくなりますね

コンビニのものはどっさり入って
いると薬剤師さんに言われました

病気になったら嫌です、なるべく
調べて避けるのがいいと思います

ほとんどの添加物は発ガン性あり
ですから、調べて避けるのがいい
と、思います

暑くなると冷えたスポーツドリンク
(清涼飲料水類)を飲むことが多く
なりますが・・・

スポーツドリンク=人工甘味料 +
合成香料 + 合成酸味料 + 調味料
(アミノ酸等、グルタミン酸Na)

ほとんどが添加物で、できている
と、言われる、気をつけましょう
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/2552-dff74639
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)