もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

シリアでの化学兵器使用疑惑
朝日新聞、昨朝の新聞によると・・・
4日午前6時半過ぎシリア北西部、イドリブ県
南部ハーン・シェイフン

双子の父親であるアブルハミド・ユセフさん
爆撃があった場所から20m離れた自宅にいた
その時、地震のように家が揺れた

外に出ると2度、爆発音、50m離れた路上で
次々、住民が倒れた

双子の子供を妻に託して、助けに向かうと
20〜30人が、口や鼻から泡を出していた

近くにある兄弟の家に向かうと、兄弟の
妻がスカーフで覆った状態で亡くなっていた

ユセフさんんも気を失った、6時間後、搬送
された地元の病院で目をさますと・・・

妻と双子の子供を含む親族25人が亡くなった
と、知らされた

「子供達は甘えん坊で、畑に行く時はいつも
私の肩に乗りしがみついていた、私だけが
生き残り、つらい」と

政府軍と反体制派はいつまで、続けるつもり
なんでしょう、内戦を!殺し合いを!

ホフ・シェイフンで農業を営む同姓同名の
ユセフさんは午前6時半頃、期待の形から
ロシア製のスホイ機とみられる戦闘機を見た

戦闘機は、ミサイルを町の南西部に向けて
2発、続けて北部にも2発、発射した

ユセフさん「人々は痙攣し目を赤くし鼻水が
出ていた鼻をつく臭いが立ち込め、住民は
次々倒れた、子供達が即死するのを見た」と
証言

ユセフさんも、肺に有毒ガスを吸い込み
体からは、塩素の臭いしたため洗浄したと

同病院の院長は「化学兵器が使われたことは
間違いない」そう言った

医療施設職員も戦闘機2機がミサイルを発射
した、地元の病院も爆撃を受けたと証言

ロシア政府は「反体制派の倉庫をシリア軍が
爆撃し、毒ガスが流出した」としているが・・・

朝日新聞の取材を受けた住民は、「爆撃を
受けた現場付近は民間人が暮らす地区だと

反体制派の軍事施設はない、アサド政権は
化学兵器を使い市民を殺した」と、批判した

トランプ氏はアサド政権軍による化学兵器の
使用を断定したが、シリア政府軍は否定

トランプ氏からは「女性や子供を含む無実の
シリア市民が多くの損害を受けた

化学兵器が 二度と使用されないようにする
ため(ミサイル攻撃を)行った」と説明

国連の承認がない中での攻撃、アサド政権が
化学兵器を使った、という根拠についての
議論はなかった、そういう記事でした

どちらが攻撃したということは、調べれば
分かること、住んでいる人の言葉が貴重です

戦争は人間の醜さだけが残る、犠牲者が
市民であるということ、家族を失うことです

殺し合いを何故、止めることができないのか
水で体を洗浄しているニュースの映像は見て
いられない、子供もいたのですから

少なくとも83人が死亡、350人が負傷して
いる、との情報があるという
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/2517-088e036a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)