もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

吉見螢石作陶展 「書陶の世界」
会期 2017.4.19(水)〜25(火)
会場 阪急うめだ本店7階美術画廊

阪急百貨店で初の個展を開催する
そうです、地元大阪は3年ぶりだとか

書陶の世界はとても興味はあるの
ですが、大阪までは・・・

大壷、花器、茶碗、酒器など心が
動くような書・陶を発表するとか

吉見 螢石(よしみ けいせき)さん
書家・陶芸家 大阪在住の方です

幼い頃から書に馴染み書の世界で
活動してきたそうです、女性です

5歳から書道、1975年書家・木原
研石氏に師事

1990年に陶芸には、偶然出会って
一目ぼれ

「体験したとたん、なんて気持ち
いいんやろう!面白い!」と思って

あっという間に自宅のガレージは
工房に変身したそうです

その後、1〜2年陶芸だけに没頭
していた時もあったとか

羨ましいかぎりです、体力のない
私はそう思っても、できないから

私も葉山から東京に戻った時に
代官山で陶芸教室を開いていた
川村紗智子先生に師事

陶芸は15年ほどやり、作品は色々
作りました

書も若い頃、から去年まで続けて
展覧会にも入選した、書と陶芸に
興味があるのは同じです

彼女の作品はネットで見せて頂き
4月19日〜25日展覧会をを知った

覗きたい気持ち一杯ですが大阪
です、簡単に見に行けません

2015518151553upbAo.jpg

書陶による「表札」を制作している
書を施した陶板に、苗字を書いて
くれるようです

なかなか独創的な表札でした
4万5千円で注文を受けるそうです

images.jpeg

吉見螢石先生、ネットで見学させて
頂きますね、素敵な書だと思います
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/2515-c82497b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)