もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リコピンが多いのはどっち?
アブレーション・カテーテルを受けた後
循環器内科から、ワーファリンを処方
され、グリーンの野菜が食べられない

野菜はキャベツのような薄い緑色の
ものや、トマトはよく食べます

トマトの赤い色素成分は「リコピン」で
老化や、生活習慣病の原因となる
「活性酸素」を除去してくれる

強い抗酸化力があり、β-カロテンの
2倍、ビタミンEの100倍だそうですよ

健康でいるためには、活性酸素を
除去しなければ、いけませんからね

紫外線から肌も守り保水機能も高い
肌が乾燥すると体内に活性酸素が
発生して、体内老化が進むらしい

リコピンは、シワも予防することが判明
していると言われています、それなら
食べるしかない

40歳を過ぎると、抗酸化力は衰えると
言う、まだまだ40歳は若いのにね

リコピンはコラーゲン減少を抑制する
効果もあるらしい

認知症の予防や、脳卒中のリスクの
軽減にも効果的だそうです

悪玉(LDL)コレステロールの酸化防止
それには生のトマトより、火を入れた
「加工用トマト」がいい

2〜3倍多く、リコピンが含まれていると
言われています、知らずに生ばかり
食べていました

トマトジュースなら1本弱でOKらしけど
好きではないです

リコピンの摂取量の目安は1日15mg
〜20mg程度

大きめのトマト1個のリコピン含有量は
7〜8mg程度、では2個くらいね

イタリア人は、日本人の10倍も食べて
いるので、健康で肌も綺麗なのね

スペインもイタリア同様によく食べます
8月の最終水曜日に行われるトマトの
収穫祭

ラ・トマティーナがあります、ニュースで
よく見ている

虫に食われたトマトだから、と言っても
あれほど、あるの?町中が真っ赤に
なり、すごい量です

あんなに投げて、もったいないと思う
けどね

人道的見地から逆に反感をかわない?
食べられるものを、捨てるわけだから

後片付けも大変だし、そう思うのは私
だけでしょうか?

最近、日本でも黄色やグリーンや紫の
トマトが多くなり、スーパーで探すのも
楽しくなりましたが・・・

真っ赤なトマトが、体にはいいのかな?
リコピンの多いトマトの缶詰をせっせと
使いましょう、健康のために!
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/2513-5d577cf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)