もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

「指定難病97」潰瘍性大腸炎
(指定難病1~306)は医療費助成対象
疾病の告示番号です、指定難病97は
潰瘍性大腸炎

娘が難病指定を受けてから、こんなに
難病があることを知りました、皆さん
苦労をしているのですね

潰瘍性大腸炎のことを少し書きます
腸内には1000種類以上、約100兆個の

細菌が住みついていて、体重の約2kg
が、腸内細菌の重さと考えられている

様々な腸内細菌を、「腸内フローラ」と
言い、年齢、食生活、ストレスの状態
などの影響により変化します

腸内フローラのバランスで腹痛や下痢
を、引き起こす

潰瘍性大腸炎や過敏性腸症候群、肥満
喘息、自閉症やうつ、精神的な症状に
まで関わることが明らかになってきた

潰瘍性大腸炎で入院していた娘が退院
後も病院通い、一日置きに白血球除去
治療に行っている

白血球除去療法とは、血液中の活性化
した白血球(悪さをする白血球)を取り
除き、炎症を鎮める治療法

活性化した白血球が関節内にとどまり
炎症を長引かせたり軟骨や骨の破壊を
はじめる前に、取り除いてしまうもの

血液を体外に取り出し、フィルターに
通し活性化した白血球を取り除いた後
再び体内に戻します

白血球の中に免疫を担当している細胞
顆粒球、リンパ球、単球の3種類があり

細菌感染が起こる時、身体がその細菌と
戦う白血球が増加する

顆粒球とリンパ球の比率が変わり全体に
顆粒球が増えてくると、潰瘍性大腸炎が
悪化します

増えた顆粒球は腸の粘膜下で活性化し
活性酸素を放出する

この活性酸素が組成破壊を引き起こし
下血がおきる

悪循環の始まりで、白血球中の顆粒球
だけを除去して一気に活性酸素の量を
減らし、悪循環を断つ

後はリンパ球による免疫力で、病気を
回復へ向かわせるというものです

血液透析では長い治療時間(3~5時間)
白血球除去は約1〜1時間半で終了

血液透析と違い、血液中の水分や栄養
成分に影響を与えないので、副作用も
小さくて済みます

このフィルターは、活性化した白血球
のみ取り除き、正常な白血球や水分や
栄養成分は通過するように出来ている

娘は副作用のないこの治療法だけで
治したいようです、でも無理なので
今はステロイドも服用

軽症だったものが重症になり、3週間
入院した、大変ショックのようです

原因もはっきりしていない、この病気
治療法もまだまだです、効く薬は出て
きたそうですが・・・

効く人もいれば全然効かない人もいる
すべての人に効くわけでもありません

治療法が、1日でも早く確立してくれる
ことを期待しています
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/2511-25f87369
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)