もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

ブッダの真理のことば
今から2500年前に仏教を開いたブッダ
(釈迦)

釈迦の没後、約500年を経て大乗仏教
(だいじょうぶっきょう)と上座部仏教
(じょうざぶ)に分かれたようです

上座部仏教・旧名称<小乗仏教>
「乗」とは教えの事で乗り物にたとえて
小乗とは小さな乗り物

大乗仏教からつけた差別語なので最近
では「上座部仏教」と言われています

出家して厳しい修行を積んだ僧侶だけが
悟りを開き、救われるという考え

ブッダの死後、仏教の教えは何種類もの
流派に分かれた

その中で残ったのが大乗仏教と上座部
仏教

上座部仏教では修行をしたわずかな人
しか救われず、一般の人々は救われない

釈迦の没後、長い間この思想が定着して
いるのは、スリランカ、タイ、カンボジア
ラオス、ビルマが、ブッタの教えに近い

釈迦はすべての人々を救いたかったはず
と、いう思想のもとに誕生した大乗仏教

日本に伝えられた仏教はこの大乗仏教を
基本にしています

大きな乗り物ですべての人々を救う事を
目的とします、中国、チベット、朝鮮半島
などもそうです

お題目を上げるだけで救われる、という
ものが多いですね、ブッダの教えとは
かなり変化しています

南無妙法蓮華経、南無阿弥陀仏、南無
大師遍照金剛など、いろいろ

釈迦の仏教では「拝んで救済を願えば
死後よい世界に生まれる」などという
ことは一切書いてありません

神秘的な力で、人々を救済するような
絶対者の存在も認めていない

お題目をあげさえすれば、救われる
こともないのです

ブッタ(釈迦)の仏教は、自分自身が
修行することで苦しみから解放される
という「自己鍛錬システム」

現代の私達にとても受け入れやすい
教えです、2500年前の言葉とは・・・

何も人間は変わっていないのですね
ブッタの言葉は、いい言葉がいっぱい
今までに、何回も載せています


「沈黙しても批判され
多く語っても批判され
少し語っても批判される
この世に批判されない者はない」


ブッタの言葉です、載せました
つくづくそう思う


「もし、清らかな心で
生きている人がいたとしたら

幸福はその人の後に
かならずついていく事でしょう」


政治家も、この心で国民のことのこと
考え、問題を解決して欲しいですね
無理でしょうが・・・・・・


もう一つ、載せましょうかね


「思いわずらうな
なるようにしかならんから
今をせつに生きよ」

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/2490-2e8a2080
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)