もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

村上一男さんと村上和雄さん
村上一男さんの言葉が目に止まり、読んで見た
その通りだな、と思い、載せました


「なかなか結果が出ない」と言って悩んでる人も
たくさんいます

彼らの問題点はどこにあると思いますか?
答えはすごく簡単、、頑張っていないからです


確かに確かにその通り、簡単に言えば、そういう
ことですね


人間は誰でも、がむしゃらに何かに取り組んで
いたら、結果は出るものです


シンプルな言葉ですが身にしみます、あっ!そう
言えばそう、と反省する

金、銀、銅メダルを取る人は、小さい時からが
むしゃらに努力、諦めないから、必ず実現する

著書に「骨盤・背骨のゆがみを治す」「筋肉・筋膜
ほぐし ひとりでできる」「10秒で肩こり・腰痛が
消える」など

長崎県出身のカイロドクターであり、教育者です
(カイロプラクティック師)

著書には・・・・・
「1週間でみるみる若返る開運!美顔セラピー」
これには興味ありますね

字が違うけど、同じ村上和雄さんは日本の分子
生物学者で、筑波大学名誉教授

1983年に高血圧を引き起こす原因となる酵素
「ヒト・レニン」の遺伝子解読に成功した人

村上一男さんと村上和雄さんは同じ名前だけど
全然、専門が違う

以前、遺伝子や脳科学に興味があり、村上和雄
先生の著書は、何冊か読みました

「スイッチオンの生き方」「遺伝子オン」「生命の
暗号ーあなたの遺伝子が目覚めるとき」とか

「アホは神の望み」この手の本は好きなんです
読んだ記憶がある

身体は約60兆個の細胞で出来ていて、細胞の
一個一個の核の中に染色体があって・・・

その染色体をほどいてみると、二重らせん状の
DNAが存在していている

そこにDNAを構成する4つの塩基文字(A・T・C・G)
からなる、およそ30億の膨大な遺伝子暗号が羅列
しているそうです

この塩基文字の総数をヒトゲノムと言い、その内の
タンパク質をつくる情報に関する部分を「遺伝子」と
呼んでいるのです

その遺伝子はDNA上の全遺伝情報の、せいぜい
2%程度でしかないと、書いてある、と、いうことは
後の98%は、まだ解明されていない?

ミクロの世界があまりにも精緻(せいち)で美しく
人間自身にできるわけがない、目には見えない
「人智を越えた何か偉大な力」を、感じるそうです

その存在を「サムシング・グレード」と、和雄先生は
呼んでいる、直訳すると・・・・「偉大なる何者か」

宇宙を作り生命を作り出した大きな存在、神と
呼ぶ人もいますね

人間の体の中には「自然治癒力」が組み込まれて
いて、これが働かないと病気は治らない仕組みに
なっているそうだから

必ず治る!と信じていると、自然治癒力が働く?
もう無理よ!と思い、頑張らないと働かないかも?
これも「サミシング・グレート」のお陰かな?

落ち込む気持ちもよく分かる、自分もそうだから・・・
村上和雄先生の本は読みやすいし、面白い!
天理教の信者、というのが、引っかかるけどね
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/2447-9f3eb726
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)