もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

「肺ガン」1年放置、慈恵医大病院
東京慈恵会医科大学付属病院が、肺ガンの
疑いの72歳の男性患者を、約1年間、治療を
していなかった

昨日の31日に分かったそうです、どういうこと?
担当医が検査結果を見落としたことが原因とか

男性は手術もできないほどガンが進行、現在
意識がない状態と、言う新聞記事

私も慈恵医大病院で35年ほど、見て頂いている
けど、そんなことが起きるなんて、考えられない

呆れました、つい忘れたでは、すまないです
大きな病院へは、きちんと診てくれると思い行く
わけですから

男性は肝臓の持病で通院、2015年10月入院
その時に断層撮影(CT)検査で、肺に影が
見つかったそうです

放射線科の医師は「ガンの疑いあり、早期に
精査が必要」と報告書に記載していたが・・・

消化器肝臓内科の担当医らが、見落として
ガン治療には、ならなかったそうです

男性は昨年10月に、貧血などを訴えて再び
入院してCT検査で肺ガンと診断された

もう手術や抗ガン剤治療は、できない状態
内部調査の結果、報告書の放置などが
原因と判明

患者としてはショックですよ、検査結果は
ちゃんと目を通して頂かないと、意味がない

何しろ、患者さんは多いです、流れ作業で
処理していた、としか思えません

病院はミスを認め、本人や家族に謝罪した
と、いう、言葉がありません

もし、自分だったら、と思うと悲しいです
本人と家族に心よりおわびし全力で治療、
再発防止に努める」とコメント

病院は外来、入院、検査の各医師の連携が
不十分で重大事項を注意、喚起する体制も
なかった」と説明したそうです

重大事項を注意、喚起する体制もない?
冗談じゃない、そんな病院なの?がっかり
しました

気づいて、完治できるのならいいですが・・・
意識がない状態なら無理ですものね

自分がヤイヤイ言わなければ、放置される
のでは、医師に嫌われても、食らいついて
しっかり言わないと、思います

紹介者がいないと、放置されるのかも?
色々、考えさせられる問題です

病院の理念として、掲げている言葉がある
慈恵医大病院のです

「病気を診ずして、病人を診よ」この教えに
基づき、質の高い医療を実践、医療人を
育成することにより、社会に貢献し・・・

患者さんや家族から信頼される病院をめざす
と、病院の入口には書いてあるのですがねえ

いつもいい言葉だな、といつも思っていた
誰の言葉かな?高木先生だったかな?

売店近くの、医師が入る部屋にこの言葉の
「書」が額に入れてあり、壁にかかっている

通りたびに、いつも感心して読んでいたの
だけど、先生方がお忘れ?ですか?
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/2445-137231bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)