もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

50年前の心臓手術
50年前に、僧帽弁狭窄症の心臓手術を
築地の聖路加病院で受けました

聖路加の心臓内科の、日野原先生をを
紹介されて外来へ

先生は50代だったでしょうか?病院は
古い建物で、教会もあり雰囲気のある
素敵な建物でした

でも、残念ながら新築され、今はない
床は白と黒のタイルで市松模様、あの
時代ですから、おしゃれな感じでした

何回か、診察を受けた後に、先生は
「このままだと、30歳までしか生きられ
ない」と、言われたのです

驚きました、アメリカ帰りの外科医の
牧野先生に回された

顔色も悪く、歩くのも苦しかったから
何とか救ってもらいたい、それだけで
何も考えずに、受けました

僧帽弁狭窄症の手術で、人工心肺も
ない時代、、指で弁膜を開けたそうだ

術後は、普通の生活ができるように
なり、嬉しかったですね

今は手術しても入院は2〜3週間位と
聞きましたが、入院は3ヶ月

顔色が悪かったがピンク色になった
血液がうまく流れると、こんなに違う
ということを体で実感した

その後も心臓の手術は2回、14年前
アブレーション・カテーテルも1回受け
不整脈から解放された

他にもいろいろ経験、弱い心臓とは
長い付き合いです

最近も心房細動、不整脈でフーフー
していますが、この歳まで生きている

50年前、手術をして下さった外科の
牧野先生、お元気でしょうか?

2回、3回は慈恵で新井達太先生に
手術して頂いた、もう現役を退いて
おられる、お元気でしょうか?

日野原先生は今年もお元気の様子
105歳!凄いですね

「新老人の会会長」7月9日、金沢市
にて講演会を予定されているのを
目にしました、お元気でなりよりです
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/2427-f2dcc0a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)