もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

デカフェ(decaf)とは・・・・
コーヒーでガンになるって、言われた
時がありました、今は安心だそうです

でも、カフェインが鉄分の吸収を妨げて
貧血になると知り、驚いている

去年は貧血が凄くて、鉄分を処方して
頂きました

近所の皮膚科で乾燥だと言われて薬を
出してもらい、せっせと塗っていたが・・・

循環器で処方して頂いている貧血の薬
鉄分・フェロミアの注意書きに、湿疹や
ジンマシンが起きると書いてある

コーヒーのせいなのかな?どっちなの?
こればかりはわかりませんね

「デカフェ」なら大丈夫?
「デカフェ」と呼ぶときはカフェインレス・
コーヒーを指すことが多いです

カフェインが入っているコーヒー豆から
カフェインを取り除いたもの

ディカフェ、カフェインレス、カフェイン
フリー・コーヒー

それ以外のカフェインを含む飲み物
(茶やコーラなど)にもデカフェのものが
製造されています

カフェインレスコーヒーは海外では一般的
市場の約10%を占めている

日本では特に規定されていませんが海外
では、デカフェに関して一定の規格が存在

作り方には「脱カフェイン法」とカフェインの
存在しないコーヒーの木を作る方法、まだ
これは、実用化されていないようです

脱カフェイン法には「(1)薬(有機溶媒)」
「(2)水と薬」「(3)二酸化炭素」を利用する
もの、大きく3通りあります

カフェインのみを選択して抽出することは
難しく、香りの成分などの損失も起こる

(1)の薬を使う方法は、ジクロロメタン等
でカフェインを失くす

この有機溶媒を使うと、かなりの確率で
腎臓癌、肝臓癌を引き起こすと言われて
いるので、怖いです

(2)水と薬を使う方法
水に溶ける成分を生豆から抽出、その
水の中のカフェインを薬で失くし、さらに
通常のコーヒー豆に戻す製造方法

(3)二酸化炭素を使う方法
極めて優れた脱カフェイン法だとされて
いる超臨界二酸化炭素抽出

カフェインレスコーヒーの製造方法を
最初に開発したのは海外です

海外は「ジクロロメタン」を使用してますが
危険性が高いので、日本では使用禁止

日本の製造方法は安全性や健康を重視
薬品でカフェインを取り除く方法はやって
いないようです

環境を汚し、人体の毒となるのが分かって
いるのに、何故この薬を使うのでしょうね

危険な薬が使われている理由は、味が
落ちないからだそうです

海外のカフェやスーパーで、売られている
カフェインレスコーヒーは安全性や健康の
保証は出来ないですよ
.
でも、下の写真のものは安心です、これを
最近、飲んでいます、マウントハーゲン
カフェインレス インスタントコーヒー

IMG_3637.jpg

日本では法律で使用禁止なので安心です
でも、あまり美味しくないらしい

製造に時間が掛かるし、味や成分も落ちて
しまうらしいです

安全性や健康に対しては、信頼できますよ
どっちがいい?やっぱり安全でしょうね
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/2416-d0c9f71a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)