もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

薬の代わりのコーヒー
コーヒーは昔から薬として利用されてきました
胃・頭痛・心臓、それに生活習慣病を予防する
効果が科学的に分かってきたようです

週5杯以上飲む人は、全く飲まない人に比べ
糖尿病になるリスクが0.61倍まで、減少したと
いう研究結果

コーヒー成分のカフェインや、抗物質の酸化
物質のクロロゲンは糖尿病予防です

血糖値のを抑え、血糖値を下げインスリンの
効果を上げる、「コーヒー好きには糖尿病が
少ない」そうですよ

糖尿病になってしまった人は、コーヒーを
がぶ飲みするのは、血糖値に悪影響らしい
けどね

カフェインは胃液の分泌を促進、脂肪分解を
加速、血圧や脈拍を高めて、運動量を上げ
カロリー消費を高めると言う

コーヒーを飲めば、ダイエットの手助けもして
くれるらしい、ブラックで飲む、これが効果を
発揮するとか

善玉コレステロールを、増やす働きもあると
いう事も明らかに、動脈硬化も予防、驚くこと
ばかりです

厚生労働省の研究によると、1日5杯以上
飲む人は飲まない人より肝臓ガン発生率が
1/4まで低下という結果

そうなんですか?知りませんでしたね
飲酒による肝臓への負担を減らし、肝臓
ガンを減らすと言われている

母も弟も肝臓ガンでした、ガンはいつなる
なんて、分からないから

せっせとコーヒーを飲みましょうかねえ
殺菌効果もあるようで、胃の中のピロリ菌も
殺してくれるそうだしね

カフェインは鎮痛作用に、頭痛や二日酔いにも
優れた効果を発揮、疲労回復や目覚まし効果
もね

コーヒーの香り成分は、DNA酸化や心臓老化を
妨げる抗酸化作用のある物質が、300種以上
含まれているという

心臓病で利尿剤のラシックスを飲んでますが
コーヒーは利尿作用効果もあるのですって!

肝臓に働きかけ、体内の代謝を活発にさせる
らしい、いいじゃない

「カフェインには発ガン性がある」と以前から
言われていましたが・・・

世界保健機関(WHO)及び、その外部機関の
IARCが、1000以上の論文を再調査した結果

現在「カフェインには発ガン性はない」という
結論を出したそうです、ホッとしますね

飲みすぎると、胃をやられるイメージですが
胃潰瘍や胸焼けの関連性もないそうです

20種以上のガンのリスクを、減らすことが
期待出来るという

タンニンなどの成分は、鉄イオンと結びつき
鉄分の吸収を、阻害してしまうようなので
貧血気味の方は・・・・・・

食後30分、コーヒーを飲まないようにした
ほうがいいらしい

実は私もアメリカンコーヒーをよく飲みます
薄いコーヒー、最近は紅茶、日本茶よりも
飲みますよ

コーヒーの成分の中のカフェインが本当に
鉄分の吸収を阻害するのかどうかは分から
ないそうですが・・・

クロロゲン酸は鉄分と吸着し、吸収を阻害
すると言うことが確認されているそうです

クロロゲン酸はお茶に含まれるタンニンに
似た成分、ということです

そのせいかどうかは、分かりませんが・・・
1年ほど前より、貧血気味になり、クラクラ

まさか、コーヒーで貧血が起きるなんてね
考えてもいなかった

循環器内科で先生が、数値を見て驚いて
すぐに鉄分を出してくれました

フェロミア錠50mg、先日の検査で正常値に
なりました

カフェインとクロロゲン酸、2つの成分は
煎れば煎るほど減少するので、深く高温で
煎った豆の方が貧血への影響が少ない

薄いコーヒーがいけなかったのかなあ
貧血でも飲みたい、という人はレギュラー
コーヒーがお勧めらしい

基本的にコーヒーは胃にやさしい飲み物
ドイツでは、開腹手術をした患者さんに
コーヒーを勧める病院もあるようですよ
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/2413-27ef0e65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)