もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

血液型で一番古い型は何?
血液型の世界地図を見て楽しんでいます
どの辺にO型が多いとか、B型が多いとか

最も古い歴史を持つのは「O型」と言われて
いますが、本によってはA・Bが一番古い
と、言う説もあるし・・・

何が本当か、なんて分からない、大昔の
ことですからね

O型のそのルーツは約4万年前のアフリカ
クロマニヨン人に由来している説がある
ようです

彼らの血液型は、みんなO型とか、今も
「世界で最も多い血液型」はO型で、一番
古いのでしょうか?

O型の次に出現するのは、「A型」らしい
人間の数で言うとO型の次に多いのです

A型は紀元前1万5,000年〜1万5,000万
年頃にアジアや中東で「農耕」を始めた
民族の中から生まれた、と言われている

クロマニヨン人のO型「狩猟民族」に対して
A型は「農耕民族」

狩猟民族と農耕民族では「食べ物」が全く
違います

肉を食べるO型、米(または小麦)を食す
A型、O型とA型では消化器官や免疫系が
違うのは当然ですね

紀元前1万5,000年前から1万年にかけて
ヒマラヤ山岳地帯には「遊牧民」が現れた
彼らが「B型」の祖先です

最後に登場する血液型は「AB型」で、まだ
1,000〜1,200年ほどの歴史しかない

だからAB型は世界の人口の5%以下です
AB型は農耕民族のA型と、遊牧民のB型

その両者の特徴を、バランスよく受け
継いでいるらしいです

暮らし方で食事が変わり、血液が変化
したようです

ヨーロッパ系のO型は肉、アジア系の
O型は肉と魚を必要とするのかもね

ヒマラヤの厳しい山岳地帯に順応して
いった歴史をもつB型は環境の変化に
柔軟に、適応できる資質を持っている

肉に強いO型、肉に弱いA型、B型は
遊牧民なので羊肉や乳製品かしら?
チーズとかね

AB型はその歴史が浅く、免疫系が弱く
感染症にも気をつけなければならない
という

B型の順応力がそれをカバーする、と
いう

そしてA型同様、野菜中心の食生活が
肌に合うようです

一番古い血液型はO型、次にA型、B型
最後はAB型が現れてのですね

現代では白人種や黒人種、アジア人種
等との混血が進んでいます

未来には人種は、混じりあって混血に
なっていくでしょうね

敵・味方で戦うこともなくなるかも?
みんな仲良くもめ事もなく、一緒に
地球で暮らせればいいのにね
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/2404-1edb4c5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)