もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

日本人とは?
人類はもちろんのこと、日本人のこと
気になっているので、最近のブログに
1〜4.これだけ書いているのですが・・

1.人類の母親はたった35人、と言う
2.日本人はどこからやってきたの?

3.日本語のルーツは・・・
4.B型はどこがルーツ?

今日も書きます、日本列島におよそ
4万年前からヒトが住んでいたことが
石器の記録から分かっています

16,000年前迄を、後期旧石器時代
16,000~3,000年前を、縄文時代
3,000~1,700年前を、弥生時代

弥生時代に入ると、大陸から(北東
アジア)渡来民がやってきて水稲が
伝来、水稲耕作が始まった

縄文人の、核ゲノムの解析も進んで
最近は別の縄文人個体の核ゲノムの
90%程度の解読に成功している

数千年、土に埋もれていた縄文人の
DNA配列解析から、現代へと繋がる
歴史が見えてくる

東大博物館に所蔵されているおよそ
3,000年前の縄文人骨(福島県三貫地
貝塚から出土)から大臼歯を取り出し

DNAを抽出したところ、僅か数%程度
縄文人に由来するDNAが含まれていた

これを現代人の配列と比較することで
日本列島人の成立過程が、見えてきた
と言う

DNAの研究から、北東アジア人に近い
と、いう結果が出ていたのですが・・・

いずれにも属さない、東アジア人の
共通祖先から分岐したという

縄文人は、東アジア人集団から孤立
独自の進化をとげたという可能性が
出てきたようです

縄文人の核ゲノム研究はまだ始まった
ばかり

解析を積み上げていくことで、彼らが
どのような人々であったかが分かる

ミトコンドリアDNAは、必ず母親から
子に受け継がれ、父親から受け継が
れることはないそうだ

これをを調べれば母親、母親の母親
さらに母の母の母のと女系をたどれる

細胞内のミトコンドリアDNA起源説に
基づく分類の結果、日本人はたった
9人の母で繁栄してきたらしい

弥生時代の顔立ちは、彫りの深い
縄文人の顔とは明らかに違う平坦な
顔立ち、現代は混ざりあってますね

dc2a150c.jpg

渡来系弥生人(高身長)が日本列島に
現れ始めたのが化石からも明白です

日本人の歴史を明らかにしたい、と
研究者たちは言う、私も知りたいです!
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/2400-3e1910c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)