もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

食品添加物は安全ですか?
食品添加物に「天然成分」と書いてあると
安心してしまいますが「天然物に由来」、と
書いてあっても、安心とは言えない

安全性試験データと品質の規格基準が
必要でも、きちんと調べて商品に使用
しているか疑問です

コンビニで売っている商品は、添加物が
沢山、入っています、大丈夫ですか?

訳のわからない添加物が多すぎて選ぶ
のに、苦労します

「増粘多糖類」と記される食品添加物には
色々なものがあり、多糖類で「とろみ」づけ
歯ごたえ、舌ざわり、のどごしを調節

ジャムなどに含まれている「増粘多糖類」は
カンキツ類やリンゴを原料とするペクチン

2種類以上が、併用されると「増粘多糖類」
と、表示されている

しかし日本生協連のコープ商品では2種類
以上の多糖類を、併用している場合でも

簡略化せず、ゲル化剤(ペクチン、ローカスト
ビーンガム)などと、個々の物質名を表示
している、それはいいですね

藻類から抽出したカラギナン、マメ科の実から
抽出したグァーガム、ローカストビーンガム
タマリンドガム

微生物が生成するキサンタンガム、カード
ランなどがある

最近はデキシトリン、シクロデキシトリンなど
よく目にします

添加物は、売る方の都合で入れているわけで
お客の方を見ていますか?

たくさん作り、たくさん利益を得ようと防腐剤を
入れ、問題が起きないようにしている

みんな、自分たち売り手の都合でしょう?
問題は買い手のことを、考えているかどうか

買う人は、それを食べるお客様、お客の体を
考えて、商品作って頂きたいです

メーカーさん!もっと研究して、添加物は
安全なものを使用して下さい

ハム・ウィンナー・ソーセージ、それに
たらこも怖いですよ、美味しそうに見える
ために添加物を入れる

発色剤(亜硝酸Na)とタール色素を使用
していないか確かめましょう

綺麗なピンク色を出すために必要なんです
でも・・・

WHO(世界保健機関)の専門組織は「ガンの
リスクを高める」という調査結果を発表

発色剤(亜硝酸Na)を使わなくても、食欲を
そそる安全な色素を、考え出せればいい
でしょうに、プロならば・・・

信州ハムは無塩せき商品「グリーンマーク」
としてハム・ソーセージを作っていますが

「無塩せき」なんとなく自然派のイメージです
でも・・・・・

残念ながら「無塩せき」の表示があるハム
すべてが必ずしも、無添加ではありません
自分の体は自分で守らないとね

商売商売で、何でも売れればいい、では
困ります

こだわりの京都の店も、だんだん添加物を
入れ始めている

昆布佃煮でさえ、よく表示を見て買うべき
昔の人はハムやソーセージ、佃煮などは
保存食として、作っていたのです

利益ばかり追うと防腐剤を使用することに
なるんですね

添加物のオンパレードでは、がっかりです
自分の体は、自分で守らないとね

何を食べても、ガンにならない人もいるし
タバコを吸っても、肺がんにならない人も
いるし、分からないことばかりです
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/2398-71432505
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)