もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

日本人はどこからやってきたの?
人類の誕生はアフリカ、原人と新人の
時代を経て、現代人につながっている

現代人の祖先となる新人は約10万年前
10万年前に故郷アフリカを出て世界中に
拡散

一部の集団が約4~5万年前、アジア
大陸に進出、それは化石の証拠など
から明らかだそうです

4~3万年前頃に、日本の地にたどり
着いたそうです

1946年(昭和21年)、当時在野の考古
学者の相沢忠洋によって発見された
岩宿遺跡(いわじゅくいせき)

その後全国各地で発掘され、およそ
3万年前には日本に人類が生活して
いたことが確実となりました

それまで土器時代以前の日本列島に
人類は居住していなかったとされた
定説を覆したのです

1980年代以降、ミトコンドリアDNAなど
解析ができるようになり、歴史を読み
解く研究も盛んになりました

ミトコンドリア・イブやY染色体アダム
から、人類は14〜20万年前に共通の
祖先を持つことが分かったそうです

この30〜40年で随分、見えてきている
現在の日本列島に住む人々は遺伝
的に、大きく3つの集団に分けられる

アイヌ、本土日本人、そして琉球です
縄文人の狩猟民族O型の先住民

農耕民族のA型は大陸からやってきて
発展した

暖かくなると北からやってくる遊牧民
B型は、最低限の生活用具や家畜と
共に移動

A型の領土に平気で進入し、各所で
紛争が発生したのだろうか?

AB型は、A型とB型遺伝子を持っている
同じ人ばかりでは偏るが、色々な血液
型があるからバランスがいい

血液型が、全てではないですが・・
系統は分かりやすいので、面白いです

アイヌと琉球の集団は、縄文人の遺伝
要素を多く残しているという

日本列島人のDNA解析からもこの説を
支持する結果が得られているようです

縄文人の祖先はどこから日本列島へ
やってきたのだろう、とても興味がある

縄文人の起源は東南アジア、そう考え
られていたそうですが・・・

アフリカ、ヨーロッパの集団を含む世界
中の人と縄文人の核ゲノムを、遺伝子
流動解析で比較すると・・・

大陸集団の東ユーラシアの集団と現代
日本列島人を比べると縄文人に近縁で
あるらしい

東大博物館に、所蔵されているおよそ
3000年前の縄文人骨(福島県三貫地
貝塚から出土)から、大臼歯を取り出し

DNAを抽出したところ僅か、数%程度
縄文人に由来するDNAが含まれていた

これを現代人の配列と比較することで
日本列島人の成立過程が見えてきた
と言う

DNAを用いた研究から北東アジア人に
近いという結果が、出ていたのですが

いずれにも属さない東アジア人の共通
祖先から分岐したという

縄文人は、東アジア人集団から孤立し
独自の進化をとげた、という可能性が
出てきたのです

縄文人の核ゲノム研究はまだ始まった
ばかりのようです

今後、解析を積み上げると、どのような
人々であったかが、分かるはず

こういう調査は、わかってくるとウキウキ
します、来世があるなら、そういう仕事に
就きたいと、思っています

そうそう、3月頃にも日本のルーツにつき
書いた記憶が蘇ってきた、興味のあること
何回も出てくるかもしれません
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/2392-31448858
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)