もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

人類の母親はたった35人、と言う
近年、ミトコンドリアDNAの解析で母方の
ルーツを追い掛けられるようになった

ミトコンドリアDNAは、必ず母親から子に
受け継がれ、父親から受け継がれること
ないそうです

従って、ミトコンドリアDNAを調べれば
母親、母親の母親、さらに母の母の、と
女系をたどることができる

父親の系統を、遡ることはできない
ミトコンドリアDNAの違いは、突然変異
のみによると考えられる

人類の母親を辿ると、住んでいたのは
アフリカの南部、とは聞いたことがある

カリフォルニア大学バークレー校の
レベッカ・キャンとアラン・ウィルソンの
グループは・・・

できるだけ多くの民族を含む147人の
ミトコンドリアDNAの塩基配列を解析

全てのサンプルを解析し系統樹を作成
すると、人類の系図は二つの大きな枝に
別れ一つはアフリカ人のみからなる「枝」

もう一つはアフリカ人の一部と、その他
すべての人種からなる「枝」であることが
分かった

全人類に共通の祖先のうちの一人が
アフリカにいたことを分かる

古代女性に対して名付けられた名称が
「ミトコンドリア・イブ」です

調べるうち、全ての人類のミトコンドリア
DNAが、たった35人の母親に絞られた

南部アフリカのカラハリ砂漠に住む狩猟
採集民族は少なく、現在ではサン人しか
いない

近年の遺伝子解析で、サバンナで生活を
する狩猟民族として「地球最古の人類」と
呼ばれているサイ人

o0480029012246659288.jpg

上の写真は、1981年製作の南アフリカ
共和国のコメディー映画「ブッシュマン」
彼はサン人

紀元前200〜300年前にはサイ人の所に
コイ人が流入、狩猟に牧畜も営んだため
豊かになった

最新のDNA解析では、人類は類人猿の
ゴリラと分かれたのは約1000万年前

チンパンジーと分かれたのは約800万年
前とする仮説が提案され、サルと人類の
中間は、見つかっていない

脳の構造を調べたら、現代人と同じような
知能を持っていたのかな?

10万年前の子供を、現代に連れてきて
教育したら、パソコンも使いこなせる? 

人口も増え、食料と快適な住環境を求め
人類の移動の旅が始まります

アフリカ大陸を北に進み、アラビアから
東を向かい、海に出た人達もいた

やがてベーリング海峡を渡り、世界中に
広がっていく

海を渡るのは船がいるし、高度な知恵を
持っていたのではないでしょうか?

南北アメリカにその頃、人類が生息して
いなかったそうですね

ベーリング海峡を渡り、南北アメリカ大陸
に、上陸して先住民になった

イヌイット、インディアン、インディオなどは
黄色人種

アフリカを始祖とする人類は移動、最期に
登場する黄色人種が、最も環境の変化に
強い人種と、言われています

極北に住むイヌイット、酷暑のインドシナ
半島にまでいますから、よく移動したのが
黄色人種だったのね
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/2380-914a05c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)